名古屋ボストン美術館にて
『ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち』が開催

名古屋ボストン美術館では 2017年6月10日(土)~10月15日(日)まで「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」が開催されます。

ジョン・シンガー・サージェント

ジョン・シンガー・サージェント
《チャールズ・E.インチズ夫人(ルイーズ・ポメロイ)》 1887年
Anonymous gift in memory of Mrs. Charles Inches’ daughter, Louise Brimmer Inches Seton 1991.926

花の都・パリ。そこに生きる女性はパリジェンヌと呼ばれ、私たちの憧れの存在となっています。
サロンの主宰者、子の世話をする母親、流行を生み出すファッショニスタ、画家のミューズ、そして芸術家―、彼女たちは時代の変化とともにさまざまな表情を見せてきました。
芸術家はその魅力をときに愛らしく、ときに凛々しく表現しています。一体パリジェンヌの何が私たちを惹きつけるのでしょうか。

エドゥアール・マネ《街の歌い手》

エドゥアール・マネ
《街の歌い手》 1862年
Bequest of Sarah Choate Sears in memory of her husband, Joshua Montgomery Sears 66.304

今回の展覧会では、ドレスや靴といったファッション、マネやルノワールが描いた肖像、映画や舞台で活躍した女優やダンサーの写真など、ボストン美術館の所蔵品約120点によってパリという都市を体現してきた女性の姿の変遷をたどります。

生き方や装いが多くの女性の憧れの的となるパリジェンヌ。「パリに暮らす女性」以上の意味を持つその存在感は、どのようにして形成されたのか、パリが文化の中心地として花開いていった18世紀から、新しい価値観を体現する都市となる20世紀まで、社会の中で様々な役割を担ってきた彼女たちの姿から探ります。

◆パリという舞台 … 邸宅と劇場にみる18世紀のエレガンス

フランソワ・ユベール・ドルーエ

フランソワ・ユベール・ドルーエ
《トルコ風の衣裳を着たマルグリット・カトリーヌ・エノー嬢、後のモンムラ侯爵夫人》 1762年
Bequest of Forsyth Wickes̶The Forsyth Wickes Collection 65.2640

《ドレス(3つのパーツからなる)》

《ドレス(3つのパーツからなる)》 1770年頃
The Elizabeth Day McCormick Collection 43.1643a-c

◆日々の生活 … 家庭と仕事、女性の役割

ジャン=オノレ・フラゴナール《良き母親》

ジャン=オノレ・フラゴナール
《良き母親》 1777-79年頃
Bequest of Robert Treat Paine, 2nd 44.777

ルイ=レオポルド・ボワイー

ルイ=レオポルド・ボワイー
《アイロンをかける若い女性》 1800年頃
Charles H. Bayley Picture and Painting Fund 1983.10

 

◆「パリジェンヌ」の確立 … 憧れのスタイル

ウジェーヌ・ルイ・ブーダン《 海岸の着飾った人々》

ウジェーヌ・ルイ・ブーダン
《海岸の着飾った人々》 1865年
Gift of Mr. and Mrs. John J. Wilson 1974.565

シャルル・フレデリック・ウォルト ウォルト

シャルル・フレデリック・ウォルト ウォルト社のためのデザイン
《ドレス(5つのパーツからなる)》1870年頃
Gift of Lois Adams Goldstone 2002.696.1,3-5

1858年パリで店を開業したシャルル・フレデリック・ウォルト により、オートクチュールが誕生します。店員に自作のドレスを着せ、注文を受けるという新しいスタイルの販売方法を確立しました。

 

◆芸術をとりまく環境 … 制作者、モデル、ミューズ

ピエール=オーギュスト・ルノワール

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《アルジェリアの娘》 1881年
Juliana Cheney Edwards Collection 39.677

芸術の都・パリでは、マネ、ルノワール、ドガ、ロートレック、ピカソらのミューズとして描かれた女性から、画家、ダンサー、女優など表現者として活躍した女性がいました。

 

◆モダン・シーン … 舞台、街角、スタジオ

レギーナ・レラング《 バルテ、パリ》

レギーナ・レラング
《バルテ、パリ》 1955年
Gift of Leon and Michaela Constantiner 2010.429

19世紀後半から、パリではダンスホールやキャバレーが開店し、20世紀初頭には海外から芸術家や作家もやってきます。女性はダンサーとしてだけではなく、文学、映画、ファッション業界などさまざまなエンターテイメントでモデルや表現者として活躍するようになります。

ゲアダ・ヴィーイナ

ゲアダ・ヴィーイナ
《『ジュルナル・デ・ダム・エ・デ・モード』より、プレート158》 1914年
Gift of Philip Hofer, Esq. 63.2575

シャルル・ナイヨ《 ダンスする女性 シリーズ

シャルル・ナイヨ
《 ダンスする女性 シリーズ 〈ムーラン・ルージュの舞踏会〉 より》 1905年
Leonard A. Lauder Postcard Archive-Promised gift of Leonard A. Lauder

19世紀から20世紀初頭、ポストカードは毎日の情景を知らせる手段として有効なメディアのひとつでした。

ピエール・カルダン《ドレス》

ピエール・カルダン
《ドレス》 1965年頃
Joyce Arnold Rusoff Fund 1998.436

パリに集まった著名人の写真、ポストカード、カルダンによるミニ丈のドレスまで展示がされています。

Photographs © 2017 Museum of Fine Arts, Boston(上記写真全て)

 

会期:2017年6月10日(土)~10月15日(日)
入館料金:一般 1,300(1,100)円、高大生 900(700)円、中学生以下無料
※( )内は前売り・団体・平日17時以降の割引料金
※平日17時以降の高校生は無料
※前売券は6月9日(金)まで販売

名古屋ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち

電話番号:052-684-0101
住所:名古屋市中区金山町一丁目1番1号
開館時間:火~金曜日 10:00~19:00 / 土・日・祝休日 10:00~17:00(最終入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日、振替休日の場合は、その翌日)
アクセス:JR東海道・中央本線、地下鉄名城線、名鉄名古屋本線「金山」駅下車南口から徒歩1分