海岸から一直線に続く不思議な奇岩のオブジェ

和歌山県・串本にある橋杭の海岸からは、『橋杭岩(はしぐいいわ)』という海水による浸食により自然に作り出された不思議な奇岩をたくさん見ることができます。心地よい潮風を肌に感じながら、その神秘的でダイナミックな景観美を堪能してみては。

小橋杭岩メイン

岩と岩の間に陽が差し込み、徐々に美しいシルエットを見せる景観は見どころ。

海岸から大島に向かい、約850m続く大小40余りの岩柱。まるで橋の杭だけが林立しているように見える姿から、「橋杭岩」と呼ばれるようになったとか。この奇岩は、『吉野熊野国立公園』地域にある国の名勝天然記念物。今から1400万年前のマグマ活動とその後の隆起、海水による浸食により作り出された自然のオブジェ。その昔、弘法大師と天邪鬼が橋を架ける賭をして、一夜にして立てたという伝説も語り継がれています。岩の間を日が昇る朝日や月明りに照らされた夜景なども絶景で、幻想的な景観を眺めるために多くの人が訪れています。

小橋杭岩2

茜色に空が染まるドラマティックなシーン。1日を通して様々な表情を見せてくれます。

オススメシーズン7月~9月

橋杭岩は東側が海なので朝日が素晴らしいポイント。時期的には中心の岩付近に朝日が昇る7~9月がベストシーズン。夜間は照明されていないが、満月の夜などもなかなか神秘的でおすすめ!

小橋杭岩1

海の浸食により岩の固い部分だけが残ったという、約850m続く大小40あまりの奇岩の林立。

ビューポイント

西側にある『道の駅くしもと橋杭岩』の駐車場から海側の防波堤にかけてがビューポイント。
足下には手すりも整備されています。時間帯によって満潮・干潮があり、それぞれ趣が違っておもしろい。
大潮の干潮時には手前砂地に波でできたきれいな波紋が観察できます。また、秋になると大波が発生。そそり立つ岩に大きな波がぶつかるシーンも迫力満点です。


お立ち寄りスポット

突き出した岩石に荒波が砕け散る!!
自然が織りなす迫力満点の景勝地

海金剛(うみこんごう)

小海金剛_5

橋杭岩の近隣にある『海金剛』

海面から突き出したピラミッド形や獅子頭のような巨岩に、荒波がぶつかり砕け散る!! 串本町大島・樫野崎の東側にある「海金剛」は、長い年月をかけて研磨された大小さまざまの岩石、断崖が波しぶきを浴びてドラマティックなシーンを見せる景勝地。

周辺にはウバメガシ・ツバキなどの灌木が生い茂り、手つかずの自然がそのまま残された秘境のような雰囲気が漂う。また、このエリアは日本初のアメリカ船来航地であり、近隣には寄港当時が解説されたジオラマや写真、船の模型などが展示されている博物館『日米修交記念館』があります。

橋杭岩(はしぐいいわ)

電話番号:0735-62-3171(串本町観光協会)
住所:和歌山県東牟婁郡串本町くじの川
駐車場:60台
アクセス:JR紀勢本線串本駅より車で約5分

海金剛(うみこんごう)

電話番号:0735-62-3171(串本町観光協会)
住所:和歌山県東牟婁郡串本町樫野
駐車場:40台
アクセス:JR紀勢本線串本駅よりバスで樫野停下車、徒歩12分