さまざまな波動が集積する三大パワースポットの一つ『聖域の岬』

石川県・能登半島の最先端に位置する日本三大パワースポットの1つ『聖域の岬』。こちらでは、エメラルドグリーンの美しい海と長い年月をかけて創り出された神秘のパワーホールを見ることができます。世界的に稀な波動集積地として国内のみならず、海外からの観光客も急増中だとか。

小聖域の岬_パワーホールメイン①

一説には500万年もかかって出来上がったものだといわれている神秘のパワーホール。まさに、この世のものとは思えない美しさ。

能登半島の先端にある約450年前から続く温泉宿「よしが浦温泉 ランプの宿」の敷地内にある『聖域の岬』。富士山や長野県の分杭峠と並んで日本の3大パワースポットのひとつとして有名です。

エメラルドグリーンに輝く海と青い空。

日本海に大きく突出した能登半島は独特な地層構造、気流の合流地点、そして海の暖流と寒流が交わる海洋循環地などの条件が揃い、気流や海流が複合的に凝縮する極めて貴重な環境として気象学や海洋学の分野からも注目されています。

木々の緑とエメラルドグリーンに輝く海の色とのコントラストが素晴らしい。

空中展望台「スカイバード」など観光施設の整備も進み、世界的に稀な波動集積地として国内のみならず、オーストラリアやハワイなど海外からの観光客も急増中だとか。

オススメシーズン 7月~8月

小聖域の岬_青の洞窟

光と波の波動が集まる青の洞窟。

海が穏やかな季節なので、好天に恵まれれば青の洞窟のもっとも美しい姿を鑑賞できます。1300年ほど前、インドから訪れた仙人がここで修行に励み、強靭なパワーを習得したという伝説もあるとか。海の穏やかな7~8月のみ、船で訪れるレアな有料ツアーが企画されています。

ビューポイント

小聖域の岬_スカイバード

聖域の岬の絶壁に建てられた高さ9.5メートルの展望台「スカイバード」。

空中展望台「スカイバード」からの眺めは必見。張り出し部分に立つと青い海の上に浮かんでいるような浮遊感を楽しめます。とくに日の出の時刻、きれいにライトアップされる夕方の時間帯がオススメ。

N0122

ライトアップされた展望台「スカイバード」と夕景

フォトジェニックなスポットとして人気の石彫アート

世界の石彫の神様とも呼ばれている韓国の「パク・チャンーカ」氏の石彫アート

展望台「スカイバード」の隣にある石彫アート。インスタ映えするフォトジェニックなスポットとして人気の場所です。

NDSC_1608_043

石彫アートと夕景

重厚で神秘的なフレームストーンの中央には、聖域の岬、右側には、空中展望台の最先端、左側には、よしが浦温泉ランプの宿が見えます。


 よしが浦温泉 ランプの宿

能登半島の先端にある約450年前から続く温泉宿。昔は、断崖絶壁の海岸ぎりぎりに建つ宿のため船でしか行くことができなかったのだとか。
以前は電気もガスも通っておらずランプの明かりを利用していたことから、その名がついたのだそう。国内はもとより海外からの旅行者も多く訪れる人気の宿です。

離れ「波の離宮」

N0041

離れ「波の離宮」

お部屋のタイプは、本館内の一般客室、露天風呂付の客室、露天風呂付の離れの3タイプから選べます。中でもおすすめは、離れ「波の離宮」。
プールの目の前に建物が建っていて、夜になるとライトアップされ幻想的な世界が堪能できます。

N009

客室からの海の眺望も格別。離れ「波の離宮」

N017

半露天風呂付客室「月あかり」の露天風呂

貸切露天「波の湯」

N004

貸切露天「波の湯」

全長100メートルのプール中央に位置する貸切露天「波の湯」。四季を通して大自然の彩を肌で体感することができます。2階の展望台からはオーシャンビューの絶景を臨むことも。50分間3000円で入浴できます。

海を眺めながら露天風呂に浸かっていると時間を忘れてしまいそう。

露天風呂からの夕景に心が癒されます。

聖域の岬(せいいきのみさき)

電話番号:0768-86-8000(よしが浦温泉 ランプの宿)
住所:石川県珠洲市三崎町寺家10-11
見学時間:8:00~16:00
無休
駐車場:50台
アクセス:のと里山海道能登空港ICより珠洲道路経由、車で約1時間
入場料:空中展望台 500円、空中展望台と青の洞窟 1500円

 よしが浦温泉 ランプの宿

電話番号:0768-86-8000
住所:石川県珠洲市三崎町寺家10-11
料金:1泊2食 1万8000円~
チェックイン:15時~
チェックアウト:10時まで
駐車場:50台
アクセス:のと里山海道能登空港ICより珠洲道路経由、車で約1時間