名古屋・鶴舞 なかなか予約がとれない!絶品フレンチのお店

名古屋のJR・地下鉄鶴舞駅から徒歩7分の閑静な住宅地の中にある『Bistro Le Bol(ビストロ ル ボル)』。
予約を取るのが非常に難しい、地元で有名なビストロです。

N007

「カジュアルに料理を楽しんでほしい」というオーナーの思い通り、肩の力を抜いて寛げます。

名古屋の中心部とは思えないほど、緑が多い閑静な住宅地の中にひっそり佇む『Bistro Le Bol(ビストロ ル ボル)』。
味はもちろん、コストパフォーマンスの良さと温かなもてなしが魅力のビストロです。オーナーの「気楽に満足して欲しい」との想いから、低価格で質の良い料理がいただけます。
ランチは1400円(税別)、ディナーは3600円(税別)のコース料理のみ。1ヶ月前から電話予約できますが、予約はすぐに埋まってしまうという超人気ぶりです。

Lunch

ランチメニューは、月替わりでメニューが変わります。前菜・メインディッシュ・パンがついて1400円(税別)。
前菜は4種類の中から、メインは肉か魚が選べます。美味しいパンはおかわり自由。ランチの後のコーヒー又は紅茶が100円(税別)なのも嬉しいですね!

先日、お店に3人で出かけ、前菜はそれぞれが『具たくさんサラダルボル』、『田舎風お肉のパテ』、『とり白レバーのムース ポルト酒風味』を注文。まず、出てきた料理のボリュームにビックリ!前菜なのに、メイン料理と見間違えるほどの量。3人で取り分けていただきましたがメイン料理を食べる前に満腹。味も絶品!手の込んだ本格的なフレンチに驚きました。

Nルボル002

ランチの前菜は日替わりで4種類の中からえらべます。写真は『田舎風お肉のパテ』。

料理を注文する際に、オーナーからメイン料理『テット・ド・フロマージュ(豚スネ・肩・頭肉etc)のルーロー 黒糖風味のバルサミコソース』は200グラムの豚肉を使用しているので、かなりのボリュームがありますが挑戦してみますか?』と言われた意味が、料理が運ばれてきた時にわかりました。

Nルボル004

『テット・ド・フロマージュ(豚スネ・肩・頭肉etc)のルーロー 黒糖風味のバルサミコソース』。200グラムの豚肉が入っていてボリューム満点!外の皮はサクサク、中のお肉はとても柔らかいです。

オーナーが話していたとおり、かなりのボリュームに驚愕!!

Nルボル005

とろけるような濃厚な『チョコのテリーヌ』

ランチメニューにプラス500円(税別)で3種類の中からデザートが選べます。
前菜、メイン料理がかなりボリュームがあり満腹になりますが、無理しても食べたい一品です。

Dinner

ディナーメニューも、月替わりでメニューが変わります。アミューズ・前菜・メインディッシュがついて3600円(税別)。
ディナーも食べきれないほどのボリュームがあります。ワインメニューも充実しているので、ワインと一緒に楽しんで!
気さくなオーナーとの会話も実に楽しいですよ!

オープン時から愛され続けている定番の人気メニュー
牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

1P_ルボル_料理←小池

3600円(税別)コースのメイン料理。『牛ホホ肉の赤ワイン煮込み』。

自慢は、『牛ホホ肉の赤ワイン煮込み』。ひと口頬ばれば、口の中に牛肉の旨みが広がります。来店された方が必ず食べるという愛されメニュー。

Nルボル豚皿抜き

3600円(税別)コースのメイン料理『渥美うまみ豚 肩ロースのかたまり焼』。豚肉ってこんなにおいしかったの?!と感動するはず。

『渥美うまみ豚 肩ロースのかたまり焼』。しっとり柔らかく、肉汁じゅわり。ボリューム満点の骨太フレンチとワインを肩の力を抜いて味わってみて。

ルボル店長

気さくなオーナーが出迎えてくれます。カジュアルにも、特別な日にも様々なシチュエーションに是非。

温かみのあるオーナーの人柄と、手の込んだボリューム満点の料理の数々は満足すること間違いないです。
定期的にイベントも開催しているので、Facebookをチェックするのもいいかも。

Bistro Le Bol(ビストロ ル ボル)

電話番号:052-264-0061
住所:名古屋市中区千代田2-7-5  THE BOX 2707 1F
営業時間:11:30〜13:00(LO)、18:00〜21:00(LO)
定休日:月曜、第1・3火曜定休
駐車場:なし
アクセス:地下鉄・JR鶴舞駅1番出口より徒歩7分

関連リンク

http://lebol.web.fc2.com/