待望の名古屋開催。ファッションモデル・長谷川理恵さんも登場。ファイトケミカルス・デー2017を体験!<PR>

11IMG_0518

2017年9月8日に東京、9月22日に大阪で大好評だったファイトケミカルス・デー2017記念イベント。10月6日、ついに名古屋(アムウェイ・プラザ名古屋)にて開催されました。

ん?そもそも、ファイトケミカルスって何?と思う人も多いと思います。そんな人はこちらの記事を読んで、より健康的で楽しい食生活にチャレンジしてみましょう!

ファッションモデルの長谷川理恵さんも登壇。

フルマラソンもこなし一児のママでもある長谷川理恵さん(中央)料理研究家・牛尾理恵さんも(左手)

フルマラソンもこなし一児のママでもある長谷川理恵さん(中央)料理研究家・牛尾理恵さんも(左手)

このイベントは、栄養素「ファイトケミカルス」の大切さを啓発し、人の健康増進を目的に活動する国際ファイトニュートリエント学会が主催したものです。「ファイトケミカルス」とは、健康や美容の分野で注目されている、野菜や果物に含まれる植物由来の栄養素を指す造語です。「植物の」というphyto、「成分」というchemicalから来ています。炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の6大栄養素に続く「第7の栄養素」として、今大きな注目を集めています。野菜や果物の皮や種に多く含まれているので、丸ごと食べるのが良いとされ、オーガニック農業で育てられた野菜や果物のほうがより「ファイトケミカルス」を摂取しやすいのだそうです。イベントでは、その「ファイトケミカルス」について、国際ファイトニュートリエント学会の会長を務める、東北大学の宮澤陽夫名誉教授が優しく解説してくれました。

東北大学 宮澤陽夫名誉教授

東北大学 宮澤陽夫名誉教授

日本人はあらゆる世代において、果物・野菜の摂取量が不足しているそうです。そんな今だからこそ、美容や健康維持が期待される「ファイトケミカルス」が大きな注目を集めているのです。

ところで、「ファイトケミカルス」には、どんな力があるのでしょうか?

人はストレス、紫外線、大気汚染、飲酒などの要因で、体内に細胞を酸化させて老化を進めてしまう活性酸素を発生させてしまいます。「ファイトケミカルス」は、その活性酸素を吸収してくれる働きを持っているのです。

だから、上手に摂取して健康増進、老化の抑制に役立てよう!ということなのです。

ひょうきんな一面もある米国領事館のゲーリー・シェイファー氏

ひょうきんな一面もある米国領事館のゲーリー・シェイファー氏

在名古屋・米国領事館のゲーリー・シェイファー首席領事も登壇し、「このイベントが名古屋飛ばしをされずに、無事開催されたことが大変嬉しいです!」とコメント。会場は一気に和やかな雰囲気に。

「名古屋には手羽先や味噌煮込みうどんなど、美味しいお料理がたくさんありますが、ファイトケミカルスの豊富なお野菜も毎日たっぷり摂るようにしています。オーガニックブームの米国でも注目されているファイトケミカルスが、日本でも浸透することを心から願っています」とコメントされました。

 

美容や健康のために、ファイトケミカルスを!

国際ファイトニュートリエント学会 天ヶ瀬晴信 代表理事

国際ファイトニュートリエント学会 天ヶ瀬晴信 代表理事

スペシャルゲストであるファッションモデルの長谷川理恵さんと国際ファイトニュートリエント学会の天ヶ瀬晴信 代表理事のトークセションも行われました。

活性酸素を除去してくれる「ファイトケミカルス」ですが、特定の植物(野菜や果物)の抗酸化物質を組み合わせることで、さらに相乗効果が期待できるそうです。

下記の図のように、野菜や果物を5つの色に分けてみると、それぞれに効能があり、カラフルに組み合わせることでバランスの取れた食事になります。「ファイトケミカルス」は皮や種に多く含まれているので、皮までしっかり食べられる有機栽培の作物が適しているのです。

5色に分類された野菜やくだもの

5色に分類された野菜やくだもの

美容にも良い「ファイトケミカルス」に重要性を感じている長谷川さん。料理する際は、なるべく旬の食材で、少量でも、多くの種類の食材を摂取することを心がけているそうです。

トークセッションで語る長谷川さん

トークセッションで語る長谷川さん

最近では、オーガニックのブルーベリーを皮ごとふんだんに使ったタルトを作るなど、デザートでも「ファイトケミカルス」を意識しているとのことでした。

 

ファイトケミカルスを上手に摂れる、ファイトレシピ!

長谷川理恵さん考案のレシピを紹介

長谷川理恵さん考案のレシピを紹介

イベント後半は、ライブでのクッキングセッション。料理研究家・牛尾理恵さん考案の「ラムととうもろこしのスパイスマリネ」や、長谷川さん考案の「カラフルトマトのコンポート」を実演で、それぞれご本人が作りました。会場には美味しそうな香りが漂い、来場した一般の方々はクッキングの様子を食い入るように見ていました。

長谷川理恵さん自らクッキング

長谷川理恵さん自らクッキング

 

体験!カラフルに彩る、自分だけのファイトランチボックス。

参加された一般の方々がカラフルな料理をチョイスして盛り付けます。

参加された一般の方々がカラフルな料理をチョイスして盛り付けます。

さて、「ファイトケミカルス」について学んだ後は、いいよいよ実践です。来場された一般の方々に、可愛らしい「わっぱ弁当箱」が配られました。会場に設置された赤、緑、黄、紫、白のカラフルな野菜や果物を使った料理を、自分の好きなように組み合わせて盛り付けます。その後、記念のフォトをパチリ。彩り豊かでフォトジェニックなお弁当がたくさん出来ました。最後に、自分で盛り付けたお弁当を試食し、お土産に今回並べられた料理のレシピが掲載されている冊子などが配られ、参加者大満足のイベントとなりました。

カラフルで可愛い、「ファイトケミカルス」も豊富なお弁当が完成

カラフルで可愛い、「ファイトケミカルス」も豊富なお弁当が完成

いかがでしたか。抗酸化作用で、美容と健康に役立つ「ファイトケミカルス」。野菜や果物をカラフルに組み合わせて、ヘルシーで楽しい食生活を送ってみてはどうでしょう。

 

「ファイトケミカルス・デー2017」

10月6日(金)11:00~13:00

主催・国際ファイトニュートリエント学会

後援・株式会社光文社、日本アムウェイ合同会社、ヤマキ醸造株式会社

協力・レシピブック

 

●国際ファイトニュートリエント学会について

近年、植物由来の栄養素であるファイトケミカルスの健康増進機能が、世界中で注目されています。国際ファイトニュートリエント学会は、この分野の世界中の識者が一堂に会し議論を深めることで、有益な研究情報を共有しさらなる研究の発展に寄与すること、そしてファイトケミカルスの有用性を健康維持や増進に役立てていただくため、広くその知識を世界に向けて発信していく目的で設立されました。