おいしい食事と趣ある町並みに癒されて。有松唯一のゲストハウス&カフェ

旧東海道の風情ある町並みでくつろぎの時間を

有松絞りの産地として有名な有松。名古屋市緑区の有松は、東海道53次の1つに数えられる宿場町でした。江戸時代にタイムスリップしたような情緒ある町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
『町家カフェ MADO』は、その有松にある唯一のゲストハウス&カフェです。

外観

外観

江戸時代の木造建築が立ち並ぶ趣ある町並みに佇む『町家カフェ MADO』 。有松を訪れた人たちに美味しい食事と寛ぎの時間を提供したい、と大島夫妻がオープンしました。木の温もりあふれる古民家での交流を求めて様々な人たちが集う、有松の窓“MADO”的存在です。

391緑区_有松_MADO_メイン

オーナの大島一浩さんと、大島美穂子さん

MADO2

くつろげる店内

古き良き日本を感じさせる店内。足を踏み入れれば、まるで昔にタイムスリップしたような感覚に…。
畳と木のぬくもりが日々の疲れをしっとり癒してくれるはず。地元住民から海外の観光客、貴重な建物を見に建築家が訪れることもあるそうです。

MADO4

「プレートランチ」(1100円)

自然栽培にこだわる『つむぎて』さんが作った元気な野菜。そして地産地消の安心食材を使い手間暇かけて作られたカラダに優しいランチ。色とりどりで食欲をそそります。栄養満点でありながらヘルシーなのでダイエット女子にもうれしい。

391緑区_有松_MADO_サブ3

趣のある格子の窓越しに古き良き町並みを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

MADO3

旅人と地元の人々を結ぶ玄関口として大活躍

訪れた人たちが交流できるコミュニティースペースでもある『町家カフェ MADO 』。自由で活発な町を目指して、若手クリエイターとともに様々な取り組みにも参加しているんだとか。

​美味しい食事とくつろぎの時間が堪能できる『町家カフェ MADO 』。ぜひ一度訪れてみては。

町家カフェ MADO

電話番号:050-7516-6632

住所:名古屋市緑区有松924

営業時間:12:00~16:00(LO15:00)

定休日:月曜・火曜・水曜定休 ※季節により土曜・日曜のみ営業

駐車場:なし

アクセス:名鉄名古屋本線有松駅より徒歩5分