大須の新たなランドマーク 万松寺『白龍館』

東海エリアに住んでる人なら1度は足を運んだことがある、もしくは行きたい街“大須”。そんな大須の代表的な存在として、愛され続けている「万松寺」。2017年の春、不動堂・稲荷堂が建替えられ『白龍館』へと新装。迫力ある白龍のモニュメントとLEDヴィジョンが連動する音や映像、水による演出で話題を集めています。お正月限定の御朱印も登場するので、ぜひ初詣に行ってみては。

巨大な白龍と水と音と光によるパフォーマンス

大須商店街の新天地沿いに誕生。

古くから大須にある「万松寺」。470年以上の歴史を持つ寺院で、織田信秀公が織田家の菩提寺として建立。ご本尊は十一面観世音菩薩。織田信長や徳川家康をはじめとする戦国武将との縁が深く、歴史マニアからも注目されています。「万松寺」は、地下鉄上前津駅8番出口より徒歩3分の大須商店街の新天地沿いにあります。

「万松寺」がある大須商店街は、海外からの観光客も多く訪れる名古屋の観光名所。近くには、大須観音、大須演芸場などの観光スポットがあります。また、古き良き日本の情緒と様々な国がMIXされた独特な空気、そんな街に軒を連ねるグルメに買い物、メイドカフェといった400軒ほどのお店も。どれも個性的でおもしろいお店ばかりです。

そんな商店街の一角にある「万松寺」。2年の歳月を要して、不動堂・稲荷堂が建替えられ、正面にはLEDヴィジョンが、その横には巨大な3頭の白龍のモニュメントが設置されました。

白龍が手に持つ宝珠に大吉・吉・凶どれかの運勢が映しだされる。

1日6回定刻になると驚きのパフォーマンスが見られます。白龍のモニュメントと『白龍館』正面のLEDヴィジョンが連動した、音や映像、水による演出。巨大な白龍が七色に光り、ミストを吐きます。

からくり人形「信長」による歴史物語の上演

また、からくり人形「信長」も名物として人気。からくり人形「信長」は、10時から2時間おきに1日6回上演。父・信秀の位碑に抹香を投げつける、有名なシーンを再現しています。

396_万松寺_本堂内観

本尊は十一面観世菩薩、御祈祷は5000円。

ご本尊の十一面観世菩薩は、10種類の現世での御利益と4種類の来世での御果報をもたらす観音様。災難消除、家内安全、無病息災、病気平癒、厄難消除などにご利益があるとされています。

N_万松寺_本堂_差し替え

身代不動堂

身代不動堂には、身代不動明王がおまつりされています。災難・病気など、身代わりになってくださるお不動様で、災難消除、家内安全、無病息災、病気平癒、厄難消除などにご利益があるとされています。

N_白龍館_身代不動堂2

身代不動堂入口

毎月28日に万松寺境内では「身代わり餅つき」が行われ、参拝客の方々につきたてのお餅が振舞われます。また、「護摩焚き」も行われます。護摩焚き祈願料は 200 円(1本)。

白雪稲荷

白雪稲荷は、白雪咤枳尼真天(はくせつだきにしんてん)がおまつりされています。魔鏡がご神体。現在の万松寺の地に千年も前から住んでいた白狐がまつられたのが起源と言われています。商売繁盛、金運招福の祈願に多くの人が訪れます。

「万松寺」では、可愛いお守りもたくさん取り扱っています。

N_omamori06_a

十一面観世音菩薩の御守 800円

あらゆる願いを聞いてくださる諸願成就の御守。

N_omamori02_d

ちりめんペットの御守 500円

ペットの首輪に付けて交通安全、健康長寿に御利益があります。

396_万松寺_御朱印

お正月限定の御朱印も登場します。

大晦日から元旦は、オールナイトで参拝ができます。常時6種類の御朱印がありますが、元旦から7日限定で、お正月限定の御朱印を授けられます。

良い運気を導いて、2018年をスタートさせよう。

万松寺( ばんしょうじ )

電話番号:052-262-0735
住所:名古屋市中区大須3-29-12
参拝時間:9:00~20:00※ 12月31日は9:00~ 17:00、22:00~
無休
駐車場:有料Pあり
アクセス:地下鉄上前津駅8番出口より徒歩3分