3 0 万人もの老若男女が町並みを踊り歩くロングラン日本一の盆踊り

郡上おどり_メイン

約400年前から踊り歌い続けられてきた「郡上おどり」。
江戸時代に城主が士農工商の融和を図るために村の各地で行われていた盆踊りを城下に集め、身分の隔てなく無礼講で踊ることを奨励したのが始まり。踊りの種類は全部で10曲で、すべて国の重要無形民俗文化財に指定されている。
年ごとに盛んになっていったのだとか。7月中旬から9月上旬まで約30夜にわたって開催され、その期間の長さから日本一の盆踊りとも言われている。会場は開催日ごとにかわり、一番盛り上がるのはお盆の徹夜おどり(8月13~16日)。観光客から地元人まで、老若男女問わず毎年30万人以上の踊り子が集まり、郡上の町並みを踊り歩くのだそう。観る祭りではなく、まさに参加する祭り「郡上おどり」を通して、ひとつの輪になって踊る楽しみを堪能してみては。

郡上八幡博覧館_おどり

市街地を一巡する日本一長い盆踊り

郡上おどり

郡上イメ_提灯

郡上おどり

電話番号:0575-67-0002(郡上八幡観光協会)
住所:岐阜県郡上市八幡町市街地一帯
アクセス:東海北陸自動車道郡上八幡ICより車で約5分
7月中旬~9月上旬 計30数夜(年によって変わる)