2018年4月15日(日)『LEGOLAND® Japan Hotel』内に「見て、さわって、学んで」体験できる水族館 『SEA LIFE Nagoya』がOPEN!

家族で一日楽しめる屋外型キッズテーマパーク『LEGOLAND® Japan』の隣接地に開業予定の『LEGOLAND® Japan Hotel』内に2018年4月15日(日)『SEA LIFE Nagoya(シーライフ名古屋)』がオープンします。オープンに先立ちまして、LEGOLAND® Japanから詳細情報が公開されました。

Nさかなのリング

©2018 The LEGO Group.

『SEA LIFE Nagoya(シーライフ名古屋)』は、『LEGOLAND® Japan Hotel』内に併設の「見て、さわって、学んで」体験できる水族館。『SEA LIFE』は世界50か所以上で展開。生物に触れたり、生態について学ぶことで、子どもが海へ興味を持つきっかけとなる施設を目指しているとのこと。

館内はテーマごとに11のゾーンに分かれていて、トンネルを抜け、竜宮城に訪れる浦島太郎のおとぎ話の世界が広がるゾーンや沈没船の中を進んでいくゾーン、たくさんのエイが泳ぐ熱帯の海のゾーン、海の生き物に触ることができるゾーンなど、色彩豊かな世界が広がります。

テーマごとの11のゾーン

◆さかなのリング(Shoaling Ring)
360度囲まれた水槽を魚が群れとなって泳ぎ、まるで海の中にいるような体験が楽しめます。
主な展示生物は、ユメウメイロなど。

Nさかなのリング

さかなのリング(Shoaling Ring) ©2018 The LEGO Group.

◆木曽川(Kiso River)
大きな水槽で気持ちよさそうに泳ぐ金魚や、地域の魚といっしょに満開の桜の下で、一年中お花見を楽しむことができます。 清流・木曽川をイメージした名古屋ならではのゾーン。
主な展示生物は、ニゴイ、ナマズ、ソウギョ、ギギ、カマツカ、ニホンイシガメ、金魚など。

N木曽川

木曽川(Kiso River) ©2018 The LEGO Group.

◆ロックプール(Rockpools)
ヒトデやエビ、ナマコに触ったり、海の生き物と触れ合うことができます。さらに、小さな生き物たちの生活や秘密をシーライフ・レンジャーが教えてくれます。ときどき小さな波があなたをビックリさせるかも!?
主な展示生物は、ヒトデ、エビ、ナマコなど

Nロックプール

ロックプール(Rockpools) ©2018 The LEGO Group.

◆港(Harbour)
港にかかる橋の下に集まっている海の生き物たちを、まるで水中に潜っていくように探検できます。深海からやってきたタカアシガニは、迫力満点。
主な展示生物は、タカアシガニ、キンメダイ、サクラダイなど。

N港

港(Harbour) ©2018 The LEGO Group.

◆タツノオトシゴのすみか(Seahorse Nursery)
マングローブの森は、タツノオトシゴや魚の赤ちゃんにとって、安心して暮らしていける場所。植物の根っこでかくれんぼしているいろんな種類のタツノオトシゴを見つけてみましょう。世界のSEA LIFEの「タツノオトシゴのすみか」の中で最も大きな水槽。
主な展示生物は、タツノオトシゴ、アミメハギなど。

Nタツノオトシゴのすみか

タツノオトシゴのすみか(Seahorse Nursery) ©2018 The LEGO Group.

◆サンゴ礁の海(Coral Reef)
カラフルな魚が暮らすサンゴ礁の海。イソギンチャクに隠れたクマノミやトゲいっぱいのフグの生活をこっそりのぞくことができます。
主な展示生物は、クマノミ、ナンヨウハギなど。

Nサンゴ礁の海

サンゴ礁の海(Coral Reef) ©2018 The LEGO Group.

◆スティングレイ・ベイ(Stingray Bay)
ここは、いろんな種類のエイが暮らす熱帯の海。 スティングレイ・トークでは、シーライフ・レンジャーといっしょにエイのヒミツを探る冒険に出発します。
主な展示生物は、エイ、サメなど。

Nスティングレイ・ベイ

スティングレイ・ベイ(Stingray Bay) ©2018 The LEGO Group.

◆クラゲの海(Jellies)
クラゲは恐竜よりもずっと昔からいる、地球の大先輩です。 カタチを変えながらゆらゆら漂うフシギな姿は、幻想的。
主な展示生物は、クラゲ。

Nクラゲの海

クラゲの海(Jellies) ©2018 The LEGO Group.

◆沈没船(Sunken Shipwreck)
タコやウツボに囲まれた、謎の沈没船の中を探検していきます。船底には腹ペコのサメがたくさん泳いでいて、勇気が試されます。
主な展示生物は、ミズタコ、ウツボ、ミノカサゴ、サメなど。

N沈没船

沈没船(Sunken Shipwreck) ©2018 The LEGO Group.

◆竜宮城(Ryugu-jo)
浦島太郎になった気分で、乙姫様に会いに海の世界へ。トンネルを抜けて、竜宮城へ行けばきれいな色の魚やたくさんのサメが迎えてくれます。
主な展示生物は、サメ、フエダイの仲間、テングハギの仲間など。

N竜宮城

竜宮城(Ryugu-jo) ©2018 The LEGO Group.

◆アメージング・クリエイション(Amazing Creation)
お気に入りの生き物を選んで自由に色を塗ると、目の前にあるスクリーンの中を泳ぎだし、自分で作ったバーチャルな生き物にエサをあげることができます。

その他にも、水温や明るさを調整することでサンゴの生態が学べたり、サメの体を観察したり、館内の至るところに海の生き物について学べるインタラクティブゲームがあります。

また、ワークショップやレンジャー・ミッション・パック、バックヤード体験ツアーなど、たくさんの体験プログラムも用意されています。ワークショップでは、年齢に応じて海の生き物に興味を持つきっかけ作りのためのインタラクティブなプログラムも用意。レンジャー・ミッション・パックではアイテムを駆使し、クイズを解いたり、隠された秘密を発見するなど、海を通して様々な学びを体験することができます。

施設内や水槽には日本オリジナルの装飾やレゴ®モデルが配置され、海の生き物たちとのコラボレーションを楽しむことができます。

今から、オープンが待ち遠しいですね。

SEA LIFE Nagoya(シーライフ名古屋)

電話番号:050-5840-0505
住所 :名古屋市港区金城ふ頭2-7-1
休館日:年中無休
営業時間:日によって異なる
アクセス:伊勢湾自動車道「名港中央IC」降りてすぐ、
名古屋臨海高速鉄道あおなみ線「金城ふ頭」駅よりすぐ
料金:1DAYパスポート おとな1,900円、こども1,500円
コンボチケット(パーク+シーライフ)おとな7,400円、こども5,800円
◆ファミリーコンボ1DAYパスポート3 : 17,000円
(おとな2名+こども1名、または、おとな1名+こども2名で利用可能)
◆ファミリーコンボ1DAYパスポート4 : 21,000円
(おとな2名+こども2名、または、おとな1名+こども3名で利用可能)
※上記のパスポート価格は、定価の価格です。
※おトクに楽しめるキャンペーン価格もあるので、詳細についてはホームページをご確認ください。