恋人の聖地!?1km続く白く美しい砂浜を歩いてみたい。

恋路ヶ浜メイン合

渥美半島の先端にある伊良湖岬灯台から日出の石門まで約1km、太平洋に面し湾曲を描く『恋路ヶ浜』は、「日本の渚百選」「日本の白砂青松百選」「日本の音風景百選」などに認定された白く美しい砂浜です。
江戸時代の恋の和歌に詠われていたり、切ない恋の伝説が残っていたりと、その名の通り“恋人たちの聖地”としても古くから多くの人に親しまれています。
近隣には「幸せの鐘」や願いが叶う鍵がかけられる場所が設置され、恋人たちの人気スポットとなっています。
「名も知らぬ 遠き島より流れよる 椰子の実ひとつ」という島崎藤村の抒情詩の舞台となったことでも有名です。

恋路ヶ浜使用1

古くから多くの人に愛されてきた美しい景観

夕暮れの恋路ヶ浜

ロマンチックな景色

恋路ヶ浜夕陽

まるで映画のワンシーンのような夕景もお勧め

願いの叶う鍵2

伊良湖岬灯台とともに「恋人の聖地」にも認定されている。恋路ヶ浜駐車場横には願いの叶う鍵がかけられる場所を設置。「幸せの鍵」は900円で販売も。

恋人の聖地(幸せの鐘)

鍵をかけたら、二人で幸せの鐘を鳴らして。フォトスポットとしても人気です。

恋路ヶ浜(こいじがはま)

電話番号:0531-23-3516(渥美半島観光ビューロー)
住所:愛知県田原市伊良湖町恋路浦
アクセス:東名高速道路音羽蒲郡ICより車で約1時間30分
駐車場:124台