アルプス山脈を背景に高遠城址公園で咲き誇る“天下第一の桜”

高遠城址公園が薄紅色に染まる幻想的なコヒガンザクラ

武田信玄の五男・仁科五郎信盛が織田信忠と戦い、壮絶な死を遂げた高遠城。廃藩置県により城が撤去されましたが、後に植樹され始めた桜が現在は園内に約1,500本咲き誇っています。その規模の大きさと濃い紅色の美しさから“天下第一の桜”と称され、「さくら名所100選」にも選ばれています。

N ARG_8515桜雲橋

桜雲橋と満開の桜

ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みの強いピンクの花を咲かせるタカトオコヒガンザクラは、この地にしかない固有種です。高遠城址公園の桜は全国的に有名で「さくら名所100選」にも選ばれています。

N 0418北口

タカトオコヒガンザクラ

可憐なピンク色の「コヒガンザクラ」の樹林は長野県天然記念物となっている貴重な桜です。高遠城の戦いで仁科盛信(仁科五郎信盛)の流した血により城内に植えられているタカトオコヒガンザクラの赤みが増したと語り継がれています。

桜雲橋や池に映る桜、太鼓檜、高遠閣など見どころも豊富で、高遠城址公園がピンクに染まる桜の季節には、約20万人の観光客が訪れるそう。

Ntakatojo sakura2桜とアルプス

アルプスと桜

N高遠_桜とアルプス

アルプスと桜

満開の桜の向こうに残雪の中央アルプス、南アルプスを望む壮大なパノラマ景色は、まるで桜色の雲の中にいるような気分が味わえます。

さくら祭りとライトアップ

N 8W9C0110

夜桜ライトアップ

N 8W9C3811

夜桜ライトアップ

夜は桜雲橋下の堀の池に映り込む桜が幻想的な雰囲気を醸し出します。例年、満開は中旬頃。4月1日~30日はさくら祭りが開催され、桜が開花している間は22:00までライトアップされます。また、園内の一部でカラーライトアップとプロジェクターによる投影の演出も行なわれ、一味違った夜桜を楽しめます。

写真提供/一般社団法人 伊那市観光協会


▼さくら祭りDATA▼

公園開き:2018年4/1(日)
祭り期間:公園開き~4/30(月)
見ごろ:4月6日(または開花宣言の日)~散終わり
種類:タカトオコヒガンザクラ
本数:約1500本
ライトアップ:桜の最盛期 日没~22:00
場所:高遠城址公園
※開花宣言翌日から入園料が必要です
※天候などにより変更予定があります

【開園時間】
8:00~17:00(最盛期は6:00~22:00※入園の最終は21:30)

【入園料】
大人・高校生以上(500円〈400円〉)、小・中学生(250円〈200円〉)
※〈 〉内は団体(30名以上)
※当日中は何回でも再入園ができます

高遠城址公園

電話番号:0265-78-4111(代)(一般社団法人 伊那市観光協会)
住所:長野県伊那市高遠町東高遠
入園時間:8:00~17:00 ※桜の最盛期6:00~22:00(最終入園21:30)※天候や混雑状況により時間変動の場合あり。
休園日:無休
アクセス:中央自動車道伊那ICより車で約30分
駐車場:400台(有料)、無料臨時駐車場 最大1600台