大地からパワーを受けながら聖地を結ぶ伊勢路を歩く、熊野古道の魅力とは。

熊野古道メイン

「世界遺産」熊野古道 伊勢路 馬越峠を歩く

太古の昔より、神仏への信仰の精神を育む修業の場とされてきた紀伊山地。
『熊野古道』は、紀伊半島南部にある熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。伊勢神宮と熊野三山を結ぶ「伊勢路」のほか、京都方面からの参詣に使われた「中辺路」など5つの道に分かれています。
今回紹介するのは、世界遺産にも登録されている「伊勢路」にある17のコースのうち、紀北町と尾鷲市の境をなす馬越峠。江戸時代に作られた美しい石畳や史跡、展望台からの絶景など見所が豊富な人気のコースです。
通年歩くことができますが、小道に生い茂る艶やかな緑のシダや、馬越公園のツツジが美しい5月頃がおすすめのシーズンです。
ビューポイントは、紀北町側の登り口から歩き始めて5分ほど。江戸時代に敷かれた石畳が続き、その美しさは必見です。

熊野古道1b

①いざ出発
馬越峠の入口を示す石像が目印。石が多く滑りやすいので、履きなれた運動靴で登ろう。

熊野古道2b

②美しい石畳
水のせせらぎや風の音など、自然の美しい音色に耳を傾けながら石畳を進む。

熊野古道3

③夜泣き地蔵
20分ほど歩くと、旅の安全祈願のために作られた「夜泣き地蔵」が現れる。子どもの夜泣 き祈願にもいいのだとか。

熊野古道4

④一枚岩の橋
小川にかかる一枚岩の橋も見所のひとつ。

熊野古道5

⑤岩の上に木!?
岩を包み込むように映える大木を発見。なかなか見られない珍風景なのでぜひ探してみて。

熊野古道6c

⑥頂上に到着
馬越峠の頂上に到着。尾鷲の街を一望できる絶景スポット。体力に自信があれば30分ほどの道のりの「天狗倉山」まで挑戦してみて。

熊野古道7

⑦馬越公園
峠の頂上から30分ほど下がっていくと、桜の名所である「馬越公園」に到着。不動明王石像が祀られる祠の横を流れている「馬越不動滝」も必見。

熊野古道8

⑧馬越峠制覇
あと少し力を振り絞ってバス停、または駅まで歩こう。

熊野古道9

⑨おつかれさまでした
バスとJRが通る尾鷲駅まで歩く。途中、大きな御神木がある『尾鷲神社』に立ち寄ってみて。

熊野古道(くまのこどう)

電話番号:0597-23-3784(東紀州地域振興公社 紀北事務所)
住所:三重県北牟婁郡紀北町~三重県尾鷲市馬越町
定休日:終日開放
アクセス:紀勢自動車道海山ICより車で5分
駐車場:あり(道の駅海山駐車場など)