野菜も魚もほとんど西尾一色町産。調味料が生きた料理を味わう

地元一色町産の新鮮な野菜や魚をふんだんに使い、丁寧に仕込まれた調味料で調理した旬のごはんがいただけるカフェ『subaco lifedesign&Co.』をご紹介します。

採りたての新鮮な季節野菜を味わう

SubakoBig2_OMO2635

店主の加藤寿枝さんと、デザイナーの和田裕子さん

「ごはんがとにかく大好き」という店主の加藤寿枝さんと、デザイナーの和田裕子さんが一緒にはじめたカフェ『subaco lifedesign&Co.(スバコ ライフデザインアンドコー)』。

10月から6月にかけて、地元西尾市一色町の新鮮な野菜や魚をふんだんに使い、丁寧に仕込まれた調味料で調理した旬のごはんがいただけます。

SubakoBig_OMO2546

今日のごはん 1000円

こちらでいただける「今日のごはん」は、店の前で採れる野菜や地元の野菜、大家さんからいただいた野菜などを用いた、地元愛と人のぬくもりが詰まったごはん。こだわりの調味料やスパイスで味わいます。

SubakoBig_OMO2590

お店の前の畑で、料理に使用する野菜を収穫する店主の加藤さん

お店の前の畑ではトマトやブルーベリー、ズッキーニ、パクチーなど様々な季節の野菜を作っています。

SubakoBig2_OMO2545

販売されている調味料やスパイス

料理に使用されている調味料やスパイスは、店頭で購入することも。種類は味醂や醤油、なたね油など。地元の「足助仕込 三河しろたまり」も人気です。

SubakoBig2_OMO2653

大きなテーブルが印象的な店内

「新しいものより、昔からずっとあったものが好き」と、店主の加藤さん。訪れる人が相席になってみんながワイワイできる場所を作りたかったから、大きいテーブルを用意したとか。

SubakoBig2_OMO2535

ガレージのようなシンプルな外観

ゆくゆくは、生活に関わる面白いことを発信していきたいそうで、テーマを設けてごはんを食べながらの映画鑑賞会や料理教室、魚のさばき方講座など「食」に関するワークショップなども開催予定とか。

7月から9月の時期はカキ氷専門店となり、地元産フルーツを使ったカキ氷が人気。春と秋には映画の上映も行っています。

お店は国道23号線・県道383号線経由、車で20分のところにあります。わかりづらい場所にあるので迷ったらお店に連絡を。

subaco lifedesign&Co.(スバコ ライフデザインアンドコー)

住所:愛知県西尾市一色町池田八王寺25
電話番号:0563-77-6780
営業時間:11:00~18:00(売り切れ次第終了)
営業日:日曜・月曜・火曜のみ営業
駐車場:10台
アクセス:R23・R383経由、車で20分
※わかりづらい場所にあるので迷ったら連絡を