想像以上の美しさ!ステンドグラスが織りなす幻想的な世界へ

ガラスアートの息をのむ美しさに魅せられるミュージアム

ギネスブック掲載の巨大万華鏡は必見!ただ観るだけではなく、人とガラス作品が一体となって楽しめる愛知・西尾市の「三河工芸ガラス美術館」。地元出身のガラス工芸家、カズヒコ(神谷一彦)さんが設立した美術館で、大多数の展示物の作品をカズヒコさんが手がけています。

N2F3A0521

巨大万華鏡「スフィア」

人が入れる巨大万華鏡「スフィア」は2002年版ギネスブックにも載った、当時世界最大のもの。美しいナレーションと壮大なストーリーで展開され、ガラス工芸とエレクトロニクスを駆使した、無限に広がる美世界は、観る人のすべての心を虜にします。
巨大万華鏡の写真撮影が、スマートフォン、小型カメラに限り出来るようになりました。 ※動画撮影は、著作権保護のため撮影不可です

N鏡の部屋_入口左見下ろす2

床も天井も全ての壁面が鏡という「彫刻鏡の部屋」。合わせ鏡の効果でどこまでも続いて見える不思議な世界です

N 2018_0612ローマの休日0008

シネアート「ローマの休日」

映画の一場面をガラス彫刻で再現した「シネアート」。カズヒコさんが考案のシネマグラスは、鏡の表面を浮き彫りにして着色したガラス絵画です。鏡の反射によってパールのように輝く作品になります。シリーズとして制作を続けており、将来はハリウッドで展示会を開くのが目標だとか。

N2F3A0537

ステンドグラス

光を通すことで鮮やかな景色を楽しめるステンドグラスも多数展示してあります。オリジナルのステンドグラスやエッチングガラスも注文できますよ。

N三河工芸ガラス館_イメージ

様々な展示作品も要チェック

N2018_0612ショップ0006

ショップ

手作りの単品物や万華鏡自作キット(2100円)、キーホルダー付きのオイルタイプ万華鏡(630円)などが並びます。

観るだけじゃもの足りないと感じたら、ガラス体験コースやステンドグラス教室もありますよ。

ピンク、ブルー、黄色にオレンジ…。まるでおとぎ話の世界に迷い込んだかのような、ガラスアートの世界に浸れる体感ミュージアムです。

三河工芸ガラス美術館

電話番号:0563-59-3334
住所:愛知県西尾市富山町東郷5
開館時間:10:00~17:30
休館日:月曜・第一火曜 ※臨時休館あり
アクセス:名鉄福地駅より徒歩33分、国道23号線(知立バイパス)安城・西尾インター
より車で20分
駐車場:あり
入館料:大人 ※中学生以上(700円)、小学生(450円)、幼児 ※3歳以上(300円)