高山の町に溶け込む 和モダンなカフェで至福のひととき

観光地として国内外から人が訪れる岐阜県高山市。古い町並みに軒を連ねる『café 青』は縁側や畳、障子など懐かしさを感じる造りに、思わず長居してしまいそうな居心地の良さが魅力です。

ほっこり和スイーツに癒される、自分を見つめ直す時間

cafe青サブ4_看板

訪れる際はこの看板を目印に

古い町家が立ち並び、飛騨の小京都とも呼ばれる高山。江戸時代に城下町として栄えた面影が残る古い町並みを中心に、一年を通じてたくさんの観光客が訪れます。

そんな高山の古い町並みに、築150年の古民家を改装した町家カフェ『café 青』があります。

cafe青サブ1_席

和を感じる佇まいに、海外から逆輸入したというカラフルな和柄のテキスタイルが融合し、モダンな雰囲気に

お店の入口は『老田酒造』の蔵の奥にあり、隠れ家的な雰囲気も魅力です。

こちらでは、靴を脱いで足を伸ばして、ゆったりとした心地良い時間を過ごすことができます。イス、座椅子、座布団など、くつろぎ方も色々。また家具のデザインひとつとっても、こだわりが感じられます。

自慢のスイーツは国産あずきや抹茶、ほうじ茶、梅などを使用し、馴染み深い味わい。

cafe青メイン_補正

「雪玉ぜんざい(温)」(600円)、ドリンクセット(800円)

カラフルな白玉が可愛らしい、人気の「雪玉ぜんざい(温)」。急須でいただくお茶セットに、心が安らぎます。選べるセットドリンクは、ほうじ茶、そば茶、コーヒー、紅茶の4種類。

オリジナルの「抹茶パフェ」(単品800円)

思わず写真を撮りたくなる、フォトジェニックな「抹茶パフェ」もおすすめ!色々な柄があるというコースターも楽しみにオーダーしてみて。

cafe青サブ候補_縁側

四季折々に表情を変える坪庭で、風情ある和の雰囲気を楽しんで

中庭に面していて、大きな窓からは、四季折々の草花や景色が楽しめるので、何度も足を運びたくなります。

季節ごとの美しさを大切にした、こだわりの和空間が魅力的な『café 青』。ぜひ、高山を訪れた際には立ち寄ってみては。

café 青

住所:岐阜県高山市上三之町67 老田酒造 蔵&1F
電話番号:0577-57-9210
営業時間:10:00~17:00(LO16:30)
定休日:無休
駐車場:なし
アクセス:JR高山本線高山駅より徒歩10分

関連リンク

https://cafeao.hida-ch.com/