身近な食材を巧みにアレンジ。静岡・浜松の素敵なパン屋さん

今や、毎日の食卓に欠かせないパン。焼き立ての香りは、もうたまりませんね。大切な人にもぜひ食べてもらいたい、美味しいパンが揃う、地元の人に愛されるパン屋さんを紹介します。

焼き立ての香り、作り手の温もり

鉄製の「パン」と書かれた看板が目印

浜松駅よりほど近く、子供たちの通学路にもなっている住宅街の一角にある『やま市パン商店』。

木製の扉を開くと「こんにちは!」と元気な挨拶でスタッフさんが迎えてくれます。
関東で修業をしたご主人がパンを焼き、明るく笑顔が素敵な奥さんもお店に立ちます。

ユーモアあふれるご主人と、明るく活発的な奥さんのコンビネーション。ご夫婦で営む温かさが人気の秘密です

古い建物をリノベーションしたという店内は、当時の屋根や梁など一部を残しながら、窓から光がいっぱいに差し込む明るい空間に。

本番_やま市eatin

オーナー夫婦のお子さんが小さい頃に読んでいた絵本を置いています。ゆったりと過ごせるイートインスペースが憩いの場に

広々としたイートインスペース、絵本の棚やおままごとセットなど、お子さんを持つご夫婦ならではの工夫が施されています。

本番_やま市内観

木製のおままごとセットに子供たちは大喜び。パパママはゆっくりお買い物

本番_やま市看板

シンプルな内装が落ち着いた雰囲気。提供しているコーヒーは地元浜松の『鴨江珈琲』のものだそう

11時半ごろには約40種類のパンが焼き上がります

種類豊富なラインナップ

カウンターに並ぶパンはどれも、ふっくらまあるく焼き上がって美味しそう。
11時半ごろには約40種類が焼き上がります。菓子パンの生地にはきび砂糖を使用し、きび特有の香りと優しい甘さが感じられます。ソフトな食感と小ぶりなサイズで、子供から大人まで食べやすく、食べ比べも楽しめるラインナップです。

やま市パン_じゃがいもブレッド

「じゃがいもブレッド」(1本)(324円)、(ハーフ)(173円)

店主おすすめの「じゃがいもブレッド」は三方原産のじゃがいもが練り込まれた、ここでしか味わえないパン。カリッとした外皮の中は驚くほど、ふわふわもちもちなセミハードタイプ。

食パンに代わる定番パンで、朝だけでなく昼も夜も食べられるパンを、とご主人が開発しました。
シンプルな味わいでどんな料理にも合わせやすく、お店で販売している「タルティーヌ」のように好きな具材を乗せて食べるのがおすすめだとか。

やま市パン_タルティーヌ

各種「タルティーヌ」(216円)

お店で販売している「タルティーヌ」は、ふわもち食感の「じゃがいもブレッド」にトマト、明太子、バジルなど食が進む具材をトッピングしています。

本番_やま市ちぎりパン

「ちぎりパン」(270円)

連なったかたちが可愛らしい「ちぎりパン」。身体に優しいきび砂糖を使用した、分け合うのも楽しいパン。

やま市パン_桃デニッシュ

「桃デニッシュ」(324円)

季節のフルーツの「デニッシュ」も人気です。訪れるたびに違うフルーツを味わえるのも楽しみですね。

本番_やま市蜂蜜カマン

「蜂蜜とカマンベール」(216円)

ほんのり甘い「蜂蜜とカマンベール」。フランスパン生地もふんわり食感で食べやすいのが特徴です。

やま市パン_バターロール抜き1

「バターロール」(162円)

つやつやに焼き上がった「バターロール」はリッチな味わいに仕上がっています。

本番_やま市ミルクボール

「ミルクボール」(302円)

人気の「ミルク食パン」の生地で作った「ミルクボール」は箱根の丹那牛乳を使用。ミルクの甘みが感じられます。

店内で、コーヒーと一緒に楽しむ人や、仕事の休憩時間に立ち寄り買って行く人、自宅で家族と分け合う人など、街の人に愛されるパン屋さんには、今日も穏やかな時間が流れます。

やま市パン商店

住所:静岡県浜松市中区高林3-8-19
電話番号:053-471-6132
営業時間:9:00~売り切れ次第終了
定休日:日曜・月曜
駐車場:5台
アクセス:東名高速道路三方原スマートICより車で約15分