刃物の町 関市で本物の日本刀と伝統の技を体感しよう

刃物の町として栄えた岐阜・関市。700有余年前の鎌倉時代より受け継がれる関鍛冶の技と歴史を垣間見ることができる施設を紹介します。

関鍛冶伝承館(せきかじでんしょうかん)

古来より受け継がれる関鍛冶の技と歴史を今に伝える施設です。

関鍛冶伝承館内観18cm

1階「刀剣展示室」
鋭い切れ味の本物の日本刀が美しく輝きます。日本刀から近現代の刃物製品が展示されています

1階「刀剣展示室」には、関を代表する兼元・兼定をはじめとする日本刀や、その製造工程・歴史に関する様々な資料を展示してあり、映像で古来より関に伝わる匠の技も紹介。

2階「刃物展示室」にはカスタムナイフ作家のコレクションや、関市の近現代の刃物製品がずらり。日本刀鍛錬場や技能師実演場も併設し、日本刀鍛錬や技能師の実演も見学できます(有料)。

公開実演

1/2(打初式)、10月刃物まつり開催日など、毎月一回の一般公開日には、刀鍛冶の技術を間近に見られる公開実演が行われます。火花飛び散り、迫力のある古式日本刀鍛錬です。

関に伝わる匠の技を、映像・資料・展示により紹介する伝承館

関市では11月8日(いい刃の日)を刃物の日とし、使えなくなった刃物を供養する刃物供養祭を敷地内の刃物塚で行っています。


(協)岐阜県刃物会館

メイドイン関の良質の刃物がずらりと並びます。

刃物会館_内観

現代の「関の刃物」を身近に感じることができる施設です

一階にある刃物直売所では、包丁、はさみ、ナイフ、爪切、キッチン用品など家庭用から業務用まで2,500点もの商品を、市価の8割ほどで販売しています。
また、刃研ぎ工房(要予約)では、包丁の研ぎ加工を有料で行っています。無料の刃物研ぎ体験も人気!

刃物会館_ダマスカス包丁

遠方からこれを求めて訪れる人も多いという「ダマスカス包丁」。耐久性に優れ、錆びにくく、鋭い切れ味の包丁は職人技が光る逸品!

鎌倉時代に、刀から始まった関の刃物。時代とともに刀の需要は減り、明治9年に廃刀令が布かれると、刀鍛冶の殆どが実用的な家庭用刃物の生産に転向しました。

現在では古来より関に伝わる匠の技を受け継ぎ世界各国へ輸出されています。

関鍛冶伝承館、(協)岐⾩県刃物会館

【関鍛冶伝承館】
電話番号:0575-23-3825
住所:岐阜県関市南春日町9-1
開館時間:9:00 ~ 16:30
休館日:火曜・祝日の翌日(いずれも休日を除く)
入館料:大人 300円、高校生 200円、小中学生 100円
古式日本刀鍛錬見学料:大人 300円、高校生 200円、小中学生 100円 ※刃物まつり、打ち初め式は無料
アクセス:東海北陸自動車道関ICよりR248・R418経由にて車で約10分、長良川鉄道刃物会館前駅より徒歩4分
駐車場:10台

【(協)岐阜県刃物会館】
電話番号:0575-22-4941
住所:岐阜県関市平和通4-6
営業時間:9:00~17:00
休業日:無休
アクセス:東海北陸自動車道関ICより車で10分、長良川鉄道刃物会館前駅より徒歩1分
駐車場:20台