多くの観光客を魅了し続ける
日本でも屈指の山岳景勝地

季節毎に素晴らしい絶景を見せてくれる山の大自然。息をのむほどの美しさを心に焼きつけよう。

明治時代に日本を訪れた英国人宣教師W・ウェストンによって、その雄大さと美しさが広く世界にも知られている上高地。

穂高連峰や焼岳など名山の数々を遠くに望み、上高地最大の池である大正池、その水面に幻想的な趣を与える立ち枯れ、芥川龍之介の小説で有名な河童橋など見所も数多く、毎年およそ120万人に及ぶ観光客や登山者が訪れています。
また、上高地一帯は排気ガスに考慮したマイカー規制、地元の方による一斉清掃など清流や景観を守るための活動も盛ん。まさに未来に残したい国内有数の山岳景勝地です。

▶オススメシーズン 5月上旬~10月下旬
冬季以外は基本的にいつでも楽しめますが、とりわけ夏の上高地は避暑地としても最適です。

▶ビューポイント
ビューポイントは数多いですが、もっとも有名なのは大正池のほとりから眺める穂高連峰。好天なら美しい山並みが池の水面に写り込みます。また、河童橋から見上げる奥穂岳などの北アルプスが圧巻です。

ゆっくりと散策しながら巡れる名所も数多い上高地。そのすべてを堪能したいなら、余裕を持って日程を組んだほうが良好です。

高地にありますので都市部よりも10度近く気温が低い場合があります。一枚余分に羽織るものを持ってお出かけください。
また、河童橋から先(奥)は未舗装の登山道です。ハイヒールやサンダルなど靴底の薄い靴では歩けません。トレッキングシューズのようなしっかりとした靴で出掛けましょう。
横尾までは、健脚な方でも片道3時間かかります。時間に余裕が無いときは無理しないようにしましょう。

大正池からの穂高連峰

焼岳の大噴火で誕生した大正池には、水没した林が立ち枯れとなって残っています。その神秘の景観には誰もが心を奪われるはずです。

大正池河原と六百山山裾の紁E‘‰

どこまでも透明に澄み渡る秋空の下、カラマツ林がきれいな黄金色に染まる秋の上高地。なお、明神池のほとりでは紅葉も見られます。

上高地全体の各スポット紹介
上高地は標高1500メートルに平野部が広がる国内でも珍しい地域。気軽に散策しながら北アルプスに囲まれた大自然を満喫しよう。

朝ãE大正池

大正池 
鏡のような美しい水面に穂高の雄大な姿を映す朝の大正池。大正4年に起こった焼岳の大噴火により、梓川が泥流にせき止められるかたちで誕生したことからその名がついたそうです。

田代池

田代池
明るく穏やかな風景が広がる田代池。5月は新緑、夏はイチョウバイカモやニッコウキスゲ、10月は黄葉、晩秋は霧氷など、四季折々でさまざまな美しい姿を見せてくれます。

穂高連峰

河童橋
河童橋は芥川龍之介の小説「河童」にも登場するなど、上高地のシンボル的な存在。橋上から望む穂高連峰や焼岳、梓川の水面、緑に萌えるケショウヤナギの風景などは必見です。

明神池
一之池と二之池、大小2つからなる明神池。透明感あふれる水面が空を映し出す姿は、まさに自然が作り出した究極の造形美。静寂に包まれながら神秘的な雰囲気を味わえます。明神橋からæE神岳五峰を見上げめE明神 
眼前にそびえる明神岳をご神体とした穂高神社奥宮の神域。明神橋の手前から明神岳を望む景観が美しく、あたりは山野草や野鳥の種類も豊富。ゆっくり散策するには最適です。

徳沢
明るく広々としたハルニレの草原。5月頃がベストシーズンで、あたりにはニリンソウの白い花が群生し、エンレイソウやベニバナイチヤクソウなど多くの草花が咲き乱れます。
横尾
槍ヶ岳、涸沢、穂高岳など北アルプス登山の出発点としても有名な横尾。上高地の眺めも一際美しく、めずらしい山野草や鳥の姿など、奥上高地の 雄大な風景が広がっています。

上高地

電話番号:0263-95-2433(上高地インフォメーションセンター)
住所:長野県松本市安曇上高地
アクセス:マイカー規制により、近隣の「沢渡駐車場」あるいは「平湯あかんだな駐車場」(いずれも1日¥600)よりバスまたはタクシーに乗り換え

関連リンク

http://www.alps-kanko.jp/