クリエイティブな下町にあるカフェ 兼 ゲストハウス

up_西アサヒ (19)

レシピを再現した「タマゴサンド」はランチ~ディナーまで注文OK。

情緒あふれる円頓寺(えんどうじ)商店街界隈。若手クリエイターがこぞって集まる注目のエリアに、惜しまれながら閉店した喫茶『西アサヒ』が昨年の春、リニューアルオープンしました。なんと、カフェを兼ねたゲストハウスとして…!!

ワールドグルメを堪能できるカフェ・レストランスペース(1階)に、1泊¥3,240~から泊まれるゲストハウス(2階)が融合した理想の空間は、地元住民や国籍不問のバックパッカーが集い、何やら楽しげな雰囲気で満ちています。

『西アサヒ』を手がけたのは、名古屋を拠点にツアーオペレーターをつとめる田尾大介さん。「地域の人と外から来た人が一緒になって自由に過ごせる空間」を目指していたところ、この『西アサヒ』に出合ったのだとか。コーヒーを飲みながら仕事にいそしむサラリーマンのかたわらで、外国人観光客が名物「タマゴサンド」を頬張る…。さまざまなカルチャーが出合い、交わり、育まれています。

名物「タマゴサンド」はもちろんのこと、内装や佇まいは以前の姿を踏襲しつつ、より人々に寄り添う形態へ。近隣住民も旅行客も、境界線なく同じ空間を共有できる、新しい喫茶として親しまれています。

ランチは各種サンド、ディナーはスパイスとハーブにこだわったエスニック料理を、そして西アサヒオリジナルブレンドコーヒーは時間を問わず楽しめます。

約40席のスペースに、Wi-Fiとコンセントを完備しているので、食事だけでなく、友達との待ち合わせや、コーヒーを飲みながらのパソコン作業など、ランチ後もゆっくりとくつろげます。

2up_西アサヒ (15)

1人でも複数人でもゆっくりできる店内。Wi-Fiとコンセントも完備しています。

3up_西アサヒ (1)

ランプや壁面など、以前の『西アサヒ』の面影を探すのも楽しいはず!!

4up_西アサヒ (11)

店舗前のテラス席で憩うのも◎。ペットと一緒にどうぞ。

5up_西アサヒ (24)

2階、宿泊施設にはドミトリー、個室(和室)もあります。
個室にはクリス・グレンさん寄贈の鎧も。

1up_西アサヒ (28)

リビング、キッチン、シャワー、トイレ、ランドリーは共用です。

6up_西アサヒ (9)

チェックインは15:00 ~ 22:00、チェックアウトは11:00です。

7up_西アサヒ (31)

インスタントコーヒーなどのサービスも。運が良ければパンもあります!

西アサヒ

電話番号:052-551-6800
住所:名古屋市西区那古野1-6-13
営業時間:11:30~23:00
※ディナー18:00〜
定休日:月曜
アクセス:地下鉄国際センター駅2番出口徒歩5分
駐車場:なし

関連リンク

西アサヒ