徳川家康公生誕の地
花火を観ながらその歴史に想いを馳せて

ホコフネ_041

2016年8月6日(土) 開催の花火大会
「岡崎城下家康公夏まつり」に行われる「第68回花火大会」は、三河花火発祥の地として、脈々と受け継がれている職人の匠の技を存分に堪能できます。
「金魚花火」、「火車」、「銀滝」、「大のし」など、バラエティ-に富んだ花火は観ていて飽きません。
クライマックスは、乙川の地形をフルに生かした「ワイドミュージックスターマイン」と、ナレーションと音楽と効果音を花火とリンクさせた「ドラマチックハナビ」で会場を大迫力に盛り上げます。
今年は岡崎市の市制100周年記念の年なので、例年以上に盛大に行われる予定だそうですよ。

7月30日(土)、31日(日)、8月4日(木)~8月7日(日)まで開催される「岡崎城下家康公夏まつり」は、異なるステージショーや、パレードなど、様々なイベントが盛りだくさんです。

◆◆◆花火情報◆◆◆

最大花火サイズ…10号玉
昨年の人出…約48万人
屋台数…約100軒
穴場スポット…岡崎中央総合公園
見どころ…三河花火職人の匠の技
雨天の場合…雨天決行 ※警報等の荒天・乙川増水時は翌日に順延

岡崎城下家康公夏まつり 第68回花火大会

電話番号:0564-23-6217(岡崎市・岡崎市観光協会)
会場:乙川・矢作河畔(愛知県岡崎市康生町)
開催日:8月6日(土)
雨天の場合:/雨天決行 ※警報等の荒天・乙川増水時は翌日に順延
開催時間:18:50~21:00
入場料:無料 ※有料観覧席あり(平成28年度の受付は終了)
アクセス:知多半島道路「大府西」ICより車で約10分、名鉄名古屋本線「東岡崎」駅・「岡崎公園前」駅・愛知環状鉄道「中岡崎」より徒歩約10分
駐車場:台数未定(無料)