大自然に抱かれた
奥飛騨の森林に浮かぶ16の露天風呂

Nひらゆ_冬辺り一面白銀の世界に包まれる、情緒ある冬の景観がいいですね。Nひらゆ_1Pメイン

雄大な飛騨山脈(北アルプス)に包まれた標高1250mの地にあり、奥飛騨温泉郷の中で最も古い歴史を持つ平湯温泉。戦国時代には武田信玄の家臣・山県昌景率いる軍が、白猿に導かれて平湯の霊泉で湯治したという温泉記など、数々の逸話が今も語り継がれています。
その平湯温泉の玄関口にあるのが『温泉浴と森林浴 ひらゆの森』です。

広大な敷地内に男女合わせて16もの露天風呂数を有し、趣が異なる各出湯は100%源泉かけ流しの天然温泉です。大自然の中でおもいっきり開放的な浴場が、平湯の自然に溶け込んだかのようなリラックス気分に浸らせてくれます。レトロな大浴場を有する内湯やサウナも完備されているから、時間を忘れてゆっくりと湯浴みを楽しめます。

なんと!『ひらゆの森』敷地内にて「とらふぐ」の養殖が行われているんです。海のない岐阜県の山奥の温泉地で「飛騨とらふぐ」料理を味わうことができるのも見逃せません。

合掌造りの休憩所や、食事処、そしてコテージなどの宿泊施設も完備されていて、豊かな自然と共存する癒しのひととが満喫でき、日々の喧騒を忘れさせてくれます。

◆◆◆温泉◆◆◆
良質かけ流しの温泉による野趣あふれる露天風呂は、なんと16もの湯船があります。湯船ごとに温度や濁り方が違うので、森の中を散策するように湯めぐりが楽しめます。

Nひらゆ_露天よこ

趣の異なる16の露天風呂は、いろいろ入り比べながら湯浴みを楽しみたい。

Nひらゆ_秋

山々が色鮮やかに染まる秋は人気のシーズンです。まるで絵画のような自然が作り出す絶景に酔いしれて。

Nひらゆ_内風呂

和の情緒溢れる雰囲気の内湯には、広々した大浴場やサウナもあります。

◆◆◆食事処◆◆◆
湯上り処を更に進んだ先にあるレストラン『食事処もみの木』。「飛騨牛」や『ひらゆの森』敷地内で養殖された「飛騨とらふぐ」など飛騨の恵みがいただけるレストランです。広々した座敷や森に面したテーブル席・カウンター席などがあり、日帰り入浴客はもちろん、宿泊客にも人気です。飛騨牛料理をはじめ、バラエティ豊かな郷土料理やアラカルトがスタンバイ。2日前までに予約すればとらふぐのフルコースも楽しめます。

N料理_フグ

「飛騨とらふぐ」コース ¥5,400(2人前から2日前までに要予約)

N料理_飛騨牛

人気の飛騨牛料理はぜひオーダーしたい逸品!

◆◆◆宿泊施設◆◆◆
リーズナブルに宿泊できる洋室と和室タイプの部屋やひと味違った空間の中で過ごせる民芸調の客室、森の中に点在する離れのコテージなど、様々なタイプの施設が完備されています。ゆっくりと泊まって奥飛騨を楽しむのもいいですね。
夕食は郷土料理で、飛騨牛の鉄板焼き、川魚の塩焼き、季節の山菜など、奥飛騨ならではの味覚がいただけます。

N宿泊_コテージ

専用の露天風呂が付いた、森の中に点在する離れのコテージ。

N宿泊_部屋

民芸調の客室やリゾート感あふれるコテージなど、様々なタイプの宿泊施設があります。

◆◆◆平湯温泉 名所探訪ツアー◆◆◆
ひらゆの森おすすめの、大自然を五感で感じるトレッキングツアーです。中部山岳国立公園にも指定されている平湯温泉の手つかずの自然や、希少価値の高い名所を地元ガイドの案内でめぐります。ノルディックウォークも楽しめ、奥飛騨温泉郷の新たな魅力として注目を集めています。間近で見る「平湯大滝」や「平湯大ネズコ」に圧倒されること間違いなし!

N囲み1_散策路

料金には名物「はんたい玉子」のおやつや、『ひらゆの森』入浴料金もセットになっているお得なツアーです。動きやすいスタイルで参加しよう。

参加料金/大人¥2,500(ひらゆの森入浴券付)
問合せ/0578-89-3338(ひらゆの森)
営業期間/11月中旬まで毎日開催(天候により中止の日もあり)
集合場所/ひらゆの森
営業時間/9:30~12:00(予定) ※所要時間約2時間半 ※集合時間は9:10

ひらゆの森

電話番号:0578-89-3338
住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
営業時間:10:00~21:00 ※入館は~20:30
料金:日帰り入浴 ¥500 / 宿泊(一泊二食付) 平日 ¥7,500~、休前日 ¥9,500~ ※税別
定休日:無休(4、9、12月メンテナンス休み有 要問い合せ)
アクセス:中部縦貫自動車道高山ICよりR158・471経由、車で約40分
駐車場:100台