世界に抹茶を広める抹茶の老舗あいや
オリジナルスイーツや工場見学も楽しめる!

あいや_外観

【あいや本店】
抹茶の里・西尾市に本社を構えるのが、創業120年余の抹茶の老舗『あいや』。抹茶生産が本格化した明治初期に創業し、現在でも伝統的な茶臼による高品質な抹茶作りにこだわり続けています。

いち早く抹茶の海外展開を開始し、現在ではアメリカ、ドイツ、中国にそれぞれ現地法人を持ち、世界中に抹茶を広めています。

喫茶㈰

店内では、木の温もり溢れる和の空間で、抹茶やスイーツがいただけます。

cdri3_愛知西尾[66-67].indd

左上より時計回りに/サクサクとした食感が楽しめる抹茶ラスク(1箱)¥1,107、お抹茶クランチ(1箱10本入)¥756、抹茶バウムクーヘン¥1,296、抹茶ラングドシャ(1箱12枚)¥1,080 ※すべて税込価格です。

人気パティシエ『シェ・シバタ』柴田武氏とコラボした抹茶スイーツ。どれも良質な抹茶の奥深い味わいが楽しめます。

再あいや_メイン9610

愛知県西尾市は抹茶の原料である「碾茶(てんちゃ)」の生産量が日本有数のお茶処です。明治5年(1872年)頃、紅樹院の住職、足立順道が、京都の宇治より茶種と製茶技術を持ち帰って伝えたことから生産が本格化しました。

西尾市西部の稲荷山周辺には一面の茶畑が広がり、西尾歴史公園の周辺には、抹茶を気軽に味わえるお店が多数立ち並んでいます。

あいやメイン

鮮やかな緑、上品な香り、深いコクと旨みをもつ西尾の抹茶。西尾のみならず日本文化をもけん引する抹茶の作り手たちに、思いをはせながらいただくことができます。

【抹茶ができるまでの工程】

あいや_畑1961

新芽が芽吹く4月上旬、茶園全体に黒い覆いをかけ日光を遮ることで、旨味成分のテアニンから渋味成分のタンニンへの変化を抑えることができ、その結果、旨味の多い茶葉に育てることができます。

あいや_茶摘み0979

八十八夜を過ぎると茶摘みが始まります。新芽をひと葉ひと葉丁寧に摘み取ります。

あいや_選別

摘み取られた葉を蒸して乾燥させてできる「荒茶」。そこから茎と葉脈を取り除いたものを「碾茶」と呼びます。

あいや抹茶工場

湿度・温度が一定に保たれた製造室で、碾茶を伝統的な茶臼で碾き、数ミクロンの抹茶が作られます。
茶臼には伝統職人の技が光っています。

_DSC0285

高品質な抹茶を作り上げる茶臼を管理するのは、「目立て」と呼ばれる職人たち。日々、茶臼をチェックして、最高の抹茶が碾ける状態に仕上げています。

決定_DSC0371体験

『あいや』では体験型の工場見学を行っています。
詳しくは下記ホームページへ
http://www.matcha.co.jp/

『あいや伝想茶屋』

あいや_伝想茶屋外観14708

『あいや伝想茶屋』は、『あいや』が展開する体験型施設です。素敵な庭を眺めながら、抹茶や抹茶スイーツ、地元食材を使った軽食、抹茶作り体験が楽しめます。

替_あいや

昔ながらの茶臼を使って自分だけの抹茶を作ることができる「あいや伝想 茶屋」。
《抹茶作り体験》
ベーシックコース 300円
プレミアムコース 1000円
地元食材を使った軽食や抹茶、抹茶スイーツを楽しむことも可能です。 西尾のお土産も販売されていますよ。

あいや_アフォガード

イタリアの人気デザートに西尾の抹茶を使用した人気メニュー。甘味と渋みのバランスが絶妙の逸品。
抹茶アフォガード ¥700

あいや本店・あいや伝想茶屋(あいやほんてん・あいやでんそうぢゃや)

【あいや本店】
電話番号:0120-183219
住所:愛知県西尾市上町横町屋敷15
営業時間:9:30~18:30
定休日:無休(年始を除く)
アクセス:名鉄西尾線西尾駅より車で10分
駐車場:55台

【あいや伝想茶屋】
電話番号:0563-56-0255
住所:愛知県西尾市錦城町122
営業時間:9:00~17:00(飲食、体験は16:00 LO)
定休日:月曜定休(祝日の時は営業)
アクセス:名鉄西尾線西尾駅より徒歩9分
駐車場:8台

関連リンク

【あいや本店】

http://www.matcha.co.jp

 

【あいや伝想茶屋】

http://www.matcha.co.jp/densochaya