話題のオシャレな列車で、長良川の美景とグルメを楽しむ大人旅

駅_0722_0039

乗車運賃+整理券¥500で「ながら」に乗れる「ビュープラン」も人気!

この春より『長良川鉄道』で運行を開始したら『観光列車 ながら』
有名デザイナーが手掛ける話題のオシャレな列車で、長良川の美景と郷土の味覚満載のランチコースやスイーツが楽しめる素敵な大人旅はいかが。

メイン_1_0722_0085

撮影スポットは公式HPでチェック。赤坂駅周辺もGood!

豊かな自然と雄大な長良川の景観が美しい、長良川鉄道美濃太田駅から郡上八幡駅または北濃駅間を運行する『観光列車 ながら』。金・土・休日を中心に1日1往復、2016年4月より運行を開始して以降、連日満席の大人気な観光列車です。

メイン_2_0722_0025

八坂駅から北東へ徒歩5分の橋は美景スポットのひとつです。

地元の食材を使用した金曜限定「スイーツプラン」は日帰り旅にうってつけ。気軽に乗って景色を楽しみたい人には、「ビュープラン」がオススメです。
沿線の関や美濃、郡上八幡など、見どころある観光スポットとセットで楽しむのにもぴったり!
乗車日の2か月前の各月1日より予約可能なので、早めに予約を。

CI3A2641

田園や清流・長良川のスローな風景が心地よい。とっておきの景勝地では徐行運転のサービスも。

風景_DSC05839

清流がキレイに見えるオススメスポットでも速度を落として運行します。

11

沿線の緑・長良川にも映えるロイヤルレッドを基調とした列車。
数々の名車両を手掛ける、水戸岡鋭治氏のデザインです。

『観光列車 ながら』は、九州の豪華寝台列車「ななつ星」で有名な工業デザイナー「水戸岡鋭治氏」がデザインを手がけたことでも話題になりました。

車体_0722_0050

レッドの外観に黒×金のロゴマークがアクセントになっています。

長良川の「青」とそびえる山々の「緑」、雪景色の「白」に映えるよう考えられた車体は、ハイセンスなロイヤルレッド。内装には全席柄が異なるシートを使用し、オシャレな大人の空間を演出しています。

内観_0722_0060

食堂車「あゆ号」には岐阜産の木材を使用。カーテンで半個室風にも。

P1130137

カーテンが取り付けられ、プライベートな寛ぎの空間を演出した食堂車「あゆ号」。

P1130152

岐阜県産の木材をふんだんに使用した、あたたかみのある車内。山と清流に囲まれた岐阜・中濃地方の自然の恵みを車内でも体感することができます。

P1130164

列車には専任のアテンダントも乗車。車内販売や観光案内もしていますよ。

◆◆◆必食グルメ◆◆◆

【ランチプラン】
美濃太田駅発の〔ながら1号〕と、郡上八幡駅発の〔ながら2号〕では、それぞれ異なるシェフの料理がいただけます。写真は「2号ランチプラン」、郡上八幡の『リストランテ雀の庵』が手掛けるイタリアンランチ。

2号_ランチ

ランチプラン
大人¥12,000、小人¥10,650(2日間フリー乗車券・お土産付)
※乗車日の14日前までに要予約

【スイーツプラン】
ながら2号で提供する「スイーツプラン」では、地元・郡上等の素材を使った和洋菓子を展開する『中庄』の豪華なスイーツプレートがいただけます。

2号_スイーツ

スイーツプラン
大人¥5,000、小人¥4,000(2日間フリー乗車券付)
※乗車日の14日前までに要予約

観光列車 ながら

電話番号:0575-46-8021(観光列車ながら予約センター)
停車駅〔あゆ号〕:美濃太田駅、郡上八幡駅
停車駅〔もり号〕:美濃太田駅、富加駅、関駅、美濃市駅、郡上八幡駅、郡上大和駅、美濃白馬駅、白山長滝駅、北濃駅
運行〔ながら1号〕:平日、土休日 美濃太田10:40発 郡上八幡12:16着/12:22発 北濃13:00着
運行〔ながら2号〕:平日 北濃13:12発 郡上八幡13:52着/14:12発 美濃太田15:23着、土休日 北濃13:12発 郡上八幡13:52着/14:23発 美濃太田15:49着
料金:(ランチプラン)大人¥12,000、小人¥10,650 (スイーツプラン)大人¥5,000、小人¥4,000 (ビュープラン)乗車区間運賃+乗車整理券¥500
※詳しい旅行条件等はHPを見てくださいね
http://www.nagatetsu.co.jp/enjoy/SpecialTrainNagara.html