豊かな自然に囲まれた 日本の原風景
世界遺産の村『白川郷』

メイン第2希望秋

天守閣展望台からの絶景!

まるで昔話のような日本の原風景が広がる『白川郷の合掌造り集落』。桜や田植えの春、山や育った稲穂が青々と茂る夏、色鮮やかな紅葉に包まれる秋、真っ白な雪化粧を施す冬など、春夏秋冬いつ訪れても四季折々の魅力が堪能できます。

白川郷_合掌造り3棟

稲刈りが終わった実りの秋。

『白川郷・荻町(おぎまち)集落』は、「五箇山(ごかやま)の菅沼(すがぬま)集落」、「相倉(あいのくら)集落」と共に世界文化遺産に登録されている、日本の木造文化を代表する茅葺きの合掌造り家屋が点在する農村です。
重要伝統的建造物群保存地区にも指定されて、自然とともに生きる昔ながらの伝統と生活が息づいています。

白川郷_合掌造りと田んぼ

どっしりとした合掌造りの家

急傾斜の屋根を持つ家屋が規則的に並ぶ個性的な集落の景観は、豪雪地帯や養蚕産業のための、生きる知恵が詰まった結果です。江戸時代末期よりの生活を思い浮かべ見学したい。

白_秋_紅葉

白川郷の紅葉
白川郷の秋は早く、10月下旬~ 11月中旬には色鮮やかな紅葉に包まれます。

白川郷_屋根UP

みごとな茅葺き屋根。この葺き替え作業は、村をあげて組織的に行われます。助け合いの精神「結(ゆい)」の慣習を垣間見ることができます。

白_秋_放水

白川郷の一斉放水
世界文化遺産の合掌造り集落を火災から守るために行われる一斉放水訓練。毎年11月の実施日には多くの観光客やカメラマンが詰めかけます。

白川郷_であい橋

であい橋
村営せせらぎ駐車場から『荻町合掌造り集落』へは庄川に架かる「であい橋」を渡って行きます。見事に集落の風景に溶け込んでいる吊り橋。

白_春_桜

白川郷の桜
色とりどりの花が春の訪れを告げる白川郷。桜は例年4月の中旬から見ごろを迎えます。また5月上旬に咲く本覚寺のおおた桜も有名。

白_春_田植え

白川郷の田植え
白川郷の風物詩のひとつ。地元の人たちによる田植え風景。5月下旬の田植えまつりでは合掌造りを背景にして、女性が伝統的な歌と一緒に手作業で田植えを行います。

白川郷メインc

水田に映る合掌造りの家

白川郷夏

緑豊かな白川郷
夏には稲穂が育ち、白川郷は一面グリーンに!! 草木の緑と合掌造りの三角屋根が日本の原風景を思わせます。日中の気温は上がりますが、夜は涼しくて過ごしやすい。

白川郷_夏H22

村全体を一望できる絶景スポット「荻町城跡展望台」。

「荻町城跡展望台(おぎまちしろあとてんぼうだい)」は、世界文化遺産の『白川郷・荻町集落』を一望できる展望台です。約400年前に荻町城は山下氏勝の居城だったそう。
白川郷の観光ポスターなどの撮影にも使われ、記念撮影ポイントとして大人気の絶景スポット!
アクセスは有料シャトルバスで。

白川郷(しらかわごう)

住所:岐阜県大野郡白川村萩町
アクセス:東海北陸自動車道白川郷ICより車で10分
終日開放
駐車場:せせらぎ公園駐車場200台(8:00~17:00、¥500/1回)

記事提供・お問い合わせ先 05769-6-1013(白川郷観光協会)