「日本紅葉の名所100選」にも選ばれている
夏季から秋季のみ開通する山岳道路

???????????

運が良ければ紅葉と雲海が両方楽しめます。

世界遺産の白川郷と白山温泉郷がある石川県白山市を結ぶ『白山白川郷ホワイトロード』。

総延長は33.3km。夏季から秋季のみ開通している国立公園内の山岳道路で、標高600mから1,450mを通る道路からは、この時期、美しい紅葉や雲海が楽しめます。

紅葉と雪山 (9)

付近の岩石には「柱状節理」が確認できます。

紅葉の見頃は、10月上旬から11月上旬頃。「日本紅葉の名所100選」にも選ばれている日本屈指の紅葉の名所としても知られ、毎年多くの方が訪れています。

蛇谷大橋 (51)

蛇谷峡谷の美しさをさらに引き立てる長さ70m・高さ45mの「蛇谷大橋」。

近くには、多数の滝があり、北アルプスや白山連峰の絶景を眺めながらドライブが楽しめます。

イベ早朝ウオーク

10月16日と23日には、普段は歩行者通行禁止のこの道路の一部区間がオープン前の時間に限り、歩行者天国になります。紅葉を眺めながら早朝散歩してみては?

紅葉早朝ウォーク
開催日/10月16日・23日
開催場所/その時期もっともきれいな紅葉ポイント周辺(三方岩など)

『白山白川郷ホワイトロード』沿いの滝

姥ヶ滝(うばがだき)

紅葉の秋はもちろん、残雪や新緑が美しい春、ブナを中心とした自然林が広がる白山国立公園の渓谷美がより感じられる夏の姿も必見。

周辺にいくつもの滝があるこの観光道路で一番の見どころと言われているのが「姥ヶ滝」。

滝の標高は約800m。市街地より訪れるのが少し早い紅葉の時期はオレンジ色に染まった木々を背景に滝が白く浮かんだように見えます。

落差は約76m。「日本の滝百選」に選ばれており、老仙女がここで白髪をとかしたという伝説が残っています。

蛇谷園地駐車場から『姥ケ滝』までは片道550mほどの道のり。この後現れる絶景を思い描きながら約15分のハイキングを楽しめます。対岸にある秘境の露天風呂『親谷の湯』(平成28年は足湯のみ)に浸かりながらゆったりと眺めるのもオススメです。

ふくべの大滝

ふくべ大滝サブ

『白山白川郷ホワイトロード』が開通した時に日の目を見た“幻の滝”。岩肌に映える滝の美しい表情は「蛇谷八景」のひとつに数えられています。

落差86mの大滝。滝の上にもうひとつ滝があり、形が瓢箪のようであることから、「ふくべ」(瓢箪と同じウリ科の夕顔の実のこと)の名が付いたとされています。

『ふくべの大滝』があるのは標高900mの場所。10月中旬頃から11月上旬頃に掛けて岩肌のカエデ、ナナカマド、ヤマウルシが色付きます。

流れ落ちる水が岩にぶつかり、水煙が舞い上がる様子は大迫力。駐車場のすぐ横にあり、アクセスが便利なのも魅力です。

白山白川郷 (はくさんしらかわごう)ホワイトロード

住所:岐阜県大野郡白川村字鳩谷地内~石川県白山市尾添地内
電話番号:供用期間中/05769-6-1664(白山林道岐阜管理事務所)、076-256-7341(白山林道石川管理事務所)
供用期間/6月上旬~11月10日 ※気象状況などによって変動あり
供用時間/6月~8月は7:00~18:00(出口閉門時間19:00)、9月~11月は8:00~17:00(出口閉門時
間18:00)
なお、9月24日~10月23日の「秋のモーニングタイム」期間中は7:00~17:00(出口閉門時間18:00)
供用期間中は無休
料金:通行料金/¥1,600(普通車)、¥1,400(軽自動車)、¥4,900(マイクロバス)、¥10,800(大型)
※往復利用割引などもある。二輪車・歩行者通行禁止、夜間駐車禁止
アクセス:東海北陸自動車道白川郷ICより岐阜料金所まで車で約15分、東海北陸自動車道荘川ICより岐阜料金所まで車で約50分

姥ヶ滝
駐車場:蛇谷園地駐車場P37台(無料)
アクセス:東海北陸自動車道白川郷ICより『白山白川郷ホワイトロード』馬狩料金所経由、蛇谷園地駐車場まで車で約55分、駐車場より徒歩約15分

ふくべの大滝
駐車場:ふくべの大滝駐車場P10台(無料)
アクセス:『白山白川郷ホワイトロード』ふくべの大滝駐車場から徒歩すぐ