古都を思わせる
情緒あふれる歴史公園

抹茶_メイン

旧近衛邸

趣のある町並みが楽しめる、小京都とも呼ばれる西尾城下町。
『西尾市歴史公園』は、西尾のシンボル「西尾城」の一部を復元し、歴史文化の発信地となっています。

歴史公園_櫓

「本丸丑寅櫓」は三重、高さ約10mの木造建築です。城内の隅櫓(すみやぐら)のうち、一番高い建物だったそう。

足利義氏(あしかがよしうじ)が、鎌倉時代の初期に築城した西条城が始まりと伝えられる西尾城。明治維新を迎え、城は天守閣を始め、ほとんどが取り壊されましたが、現在「本丸丑寅櫓(ほんまるうしとらやぐら)」「鍮石門(ちゅうじゃくもん)」及び「天守台」などが再建されています。

また、公園内には数奇屋風の京都の公家・近衛家の邸宅「旧近衛邸(きゅうこのえてい)」や、日本庭園「尚古荘(しょうこそう)」などもあります。

y旧近衛邸

旧近衛邸

「旧近衛邸」は、『西尾市歴史公園』にある、京都の公家・近衛家の邸宅。公家の茶の湯にふさわしい上品な雰囲気で、趣きのある庭園を眺めながら、至福のひとときを過ごしてみて。季節の和菓子付の抹茶サービス(¥400)もオススメです。(呈茶サービスは10:00~16:00)

歴史公園_庭園1

庭園には京都を思わせる枯山水が用いられています(旧近衛邸)

歴史公園_旧近衛庭

茶室から見た景色の美しさにうっとり(旧近衛邸)

歴史公園_旧近衛庭2

京都の公家・近衛家の邸内にあった書院と茶室を移築したもの(旧近衛邸)

西尾抹茶のルーツは、実相寺の境内に茶種がまかれた13世紀のこと。美味しい抹茶と一緒にホッとひと息、抹茶の里ならではのおもてなしを楽しんでみて。

歴史公園_抹茶飲む

縁側から庭園を眺めながら、西尾抹茶で一服を(旧近衛邸)

y旧近衛邸_スイーツ

「季節の和菓子付抹茶」¥400

「旧近衛邸」では、週替わりで西尾名産の抹茶と西尾の人気店オススメの和菓子のセットがお得にいただけます。縁側からの趣深い景観と合わせて楽しんで。

_MG_8113

旧近衛邸

日本有数の抹茶産地の西尾には、独自の茶文化が根差しています。
市街地北西部にある稲荷山周辺は一面の茶畑で、『西尾市歴史公園』の周辺には、抹茶を気軽に味わえる茶室やいっぷく処がたくさんあるので、六万石の城郭城下町としての風情ある町並みをのんびりと散歩しながら、抹茶スイーツめぐりを楽しんで。

西尾市歴史公園

電話番号:0563-54-6758(旧近衛邸)
住所:愛知県西尾市錦城町231-1
入園時間:9:00~17:00(4~9月は~18:00)
呈茶サービス(旧近衛邸)は10:00~16:00
休園日:月曜定休(祝日・振替休日にあたる場合は開園)、年末年始
入園料:無料
アクセス:伊勢湾岸自動車道豊明ICより車で約30分、名鉄西尾線西尾駅より徒歩15分
駐車場:P50台(大型バス3台※要予約)