真田幸村ゆかりの城
難攻不落の『上田城』

『上田城』を築城した真田昌幸や、日本一の兵(ひのもといちのつわもの)と称えられた真田信繁(以下:幸村)など、戦国の名将・真田氏発祥の地として有名な上田市。全国にその名を馳せた難攻不落の城で歴史ロマンに思いを馳せてみては。

真田幸村公騎馬像(3)

真田幸村公騎馬像

日本最長の千曲川(信濃川)や、菅平高原、美ヶ原高原など雄大な自然を有する上田市。その地に天正11年(1583)、真田幸村の父・昌幸が築城した『上田城』。徳川の大軍勢を2度にわたり退けた難攻不落の城として、歴史ファンはもちろん全国的にも人気の城です。
現在は公園として整備され、園内では3基の櫓と1基の櫓門を見ることができ、至るところに石垣や土塁が残されています。春は千本桜、秋は鮮やかな紅葉に包まれる歴戦の名城『上田城』には、今なお戦国ロマンが漂っています。

上田市_メイン

かつての本丸の大手門「東虎口櫓門」

真田幸村が主役の大河ドラマ「真田丸」もいよいよ大詰めを迎え、盛り上がりを見せています。今一番押さえておきたいスポット!

真田石 №2

真田石

偉大な城主・昌幸の象徴「真田石」。真田信幸(幸村の兄)が信州松代へ転封を命じられた際、父・昌幸の形見として持ち運ぼうとしたが、不動であったとの伝説が残っています。

真田神社  №1

歴代の上田城主が勢揃い!「眞田神社」

上田城本丸跡に鎮座する『眞田神社』は、不落城にちなみ“落ちない”神社として受験生に人気。

大河ドラマ「真田丸」の世界を体感できる「信州上田真田丸大河ドラマ館」が期間限定オープン!

@ドラマ館外観

【信州上田真田丸大河ドラマ館】外観

1

入場料:大人(600円)、小中学生(300円)

7

セットや衣装が展示されています。

真田信繁(幸村)の波乱万丈な生涯を描く大河ドラマのストーリーに沿って、セットや衣装を展示。魅力的な大河ドラマの世界を、さらに楽しむことができる施設です。(2017年1月15日(日)まで)

上田城跡公園(うえだじょうせきこうえん)

電話番号:0268-23-5408(上田市観光課)
住所:長野県上田市二の丸
定休日:終日開放
入園料:無料
アクセス:上信越自動車道「上田菅平」ICより車で約15分
駐車場:あり

【信州上田真田丸大河ドラマ館】
電話番号:0268-21-3710
住所:上田城跡公園内(旧市民会館)
期間:2016/1/17(日)~2017/1/15(日)
開館時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
定休日:期間中無休
入場料:大人 600円、小中学生 300円