水族館マニアに大人気 小規模でも魅力いっぱいの地域密着水族館

リピーター続出!
手作り感いっぱいで、日本一解説が読まれている水族館

今年で60周年を迎える竹島水族館は、遠州灘に生息する生物を中心に、竹島水族館にしかいない!という珍しい魚が楽しめる地域密着型の水族館です。

竹島水族館メイン124

魚をより近くに感じられるよう磨きあげられた水槽

建物は古くて小さくてちょっとビックリ! でも、館内はほのぼのとした雰囲気で、ゆっくり生き物たちを見ることができるアットホームな『竹島水族館』。実は入場者数がどんどん増えていて、テレビで取り上げられたり、ツイッターやフェイスブック等でも話題になっているんです!

なんと、最近話題の深海の生き物は全国一の展示種数ですよ! 冬季はタッチングプールで深海の生き物を直接触れます

竹島水族館_さわりんぷーる

冬季はタカアシガニやナヌカザメなど深海生物を、夏期は三河湾の生物を直接触ることができる「さわりんぷーる」が人気です。

一番の目玉は「さわりんぷーる」。5年前から始めた海洋生物のタッチプールで、夏期は三河湾の生物を、冬はオオグソクムシ、タカアシガニ、イガグリガニなどの深海の生き物を直接触ることができます。

オオグソクムシ顔

大人気のオオグソクムシに触れることもできます。

人気のアシカショーは、土日祝日は4回、平日は3回行なわれます。こじんまりとしたショープールなので、アシカとの距離が近くて大人から子供まで、みんな楽しめるショーです。

ショーを見逃しても16時より公開練習を見学することが出来ます。

竹島水族館サブ109

水槽には貝が吊るされていて、餌をつつく魚の姿も見られます。

竹島水族館_カピパラ

2015年にカピバラが仲間入りしました。

館内の展示や生き物の解説プレートは、ほとんどが手作り! 担当飼育員の愛情を感じられます。

入館料も格安の大人500円・小・中学生200円です。年間パスポートは3回行ったら元が取れる安さの大人1250円・小・中学生500円です。スタンプが10個貯まるとささやかなプレゼントがもらえますよ。

小さくても大人気の『竹島水族館』の魅力を体験してみて!

竹島水族館

住所:愛知県蒲郡市竹島町1-6
営業時間:9:00~17:00(入館は~16:30)
休館日:火曜(祝日の場合は翌日)
入館料:大人500円、小・中学生200円、小学生未満は無料
年間パスポート:大人1250円、小・中学生500円
アクセス:東名高速道路「音羽蒲郡」ICより音羽蒲郡道路(三河湾オレンジロード)経由車で約15分、
JR東海本線または名鉄蒲郡線「蒲郡駅」南口より徒歩約15分
駐車場:30台(無料)、210台(平日無料 土曜・日曜・祝日300円、GW500円
※以上すべて9:00~17:00、以降は開放)※竹島と共同