色とりどりの可憐な花が咲き誇る
東海エリア最大級の梅の祭典

ピンクに紅色、黄色、白。様々な色合いの梅の花が園内一面に織りなす華やかなグラデーション。いなべ市農業公園内にある梅林公園は、38万平方メートルの園内に100種類4500本の梅が咲き誇る、東海エリア最大級の梅の名所です。

花梅b

色とりどりの梅の花

鈴鹿山脈を一望できる高地にあるため、雪化粧をした山脈の壮大な風景と梅とのコントラスが他にはない美観を演出しています。

開花時期である2月中旬~3月中旬は『いなべ市梅まつり』が開催され、苗木の販売などのイベントも。甘い香りに包まれた早春の別天地へでかけてみては。

花梅d

見事なしだれ梅

「いなべ市農業公園」では6月下旬に梅の実もぎとり体験や梅ジュース作り体験も実施されます。
また、4~5月に楽しめる「ぼたん園」も併設されていて、ぼたん祭り」が4月下旬~5月上旬に開催される予定です。まつり期間中には苗木の販売コーナーもあり、梅はもちろん、ブルーベリー・バラ・果樹苗など、いろいろな種類の苗木が販売されます。

◆オススメシーズン◆
2月中旬~3月中旬(平成29 年度)
花梅の見ごろは気温により前後しますが、平成29年度の現在の開花状況は3分程度で、見ごろ時期は3月5日以降になると予測されます。正確な見頃はいなべ市HPを参照してくださいね。HPは見晴らし台に設置した定点カメラの映像とともに、咲き初めから散初めまでのコメントも表示されていますよ。

◆ビューポイント◆
花梅見晴らし台は地上30mの位置の小高い丘にあり、鈴鹿山脈を背景に絶景が一望できます。残雪のある山脈と梅を眺められることも。東方から西方を見るため、午前中の景観がベターです!

いなべ市梅まつり