2017年4月地域初の体験型博物館、 あいや西尾の抹茶ミュージアム「和く和く」がオープン!

施設イメージ1

世界の抹茶製品展示(イメージ)

新茶シーズンを迎える2017年4月、全国有数の抹茶の産地、愛知県西尾市に地域初となる体験型博物館、あいや西尾の抹茶ミュージアム「和く和く」がオープンします。(4/17オープン予定)

「和く和く」には、抹茶を存分に楽しめるコンテンツがたくさんあります。抹茶がどのように作られるのか、工場内での製造風景を見学できることはもちろん、抹茶に関する他ではできない特別な体験が盛りだくさん!

1_DSC0148

抹茶工場見学

例えば、抹茶になるお茶の葉は、普通の茶畑と異なり、寒冷紗という黒い覆いを掛けられて育てられます。その理由はいったい何なのか。実際に館内に寒冷紗(かんれいしゃ)を用意し、そのバーチャル茶園が体験できます。

1_25U9610

バーチャル茶園体験(イメージ)

また、茶畑で摘み取られた葉は、茶匠(ちゃしょう)と呼ばれるお茶の専門家が、等級(ランク)を決めるために官能審査(かんのうしんさ)とよばれる審査を行います。

1_25U8256

官能審査体験(茶葉の品質鑑定)

よく、同じ抹茶なのに、値段が異なるのはなぜ?と聞かれることがあります。この審査を体験することで、なぜ抹茶の価格が異なるのかが分かります。

<イチオシ! 世界でただひとつの、あなただけの抹茶を作る体験>

特におすすめは、世界でただ一つの自分だけの抹茶を作る体験。
茶匠は茶葉に含まれている色、味、香りの要素を見極め、最適なブレンドを行っています。「和く和く」では、同じように、自分好みの茶葉をブレンドして、それを昔ながらの茶臼で碾き、できた抹茶を茶室に運び、点てて、人生最高の一服を味わうことができます。
それは、幾百年も昔、茶人が行っていたような特別な抹茶の体験。それが「和く和く」では体験できます。

1_25U8328

抹茶ブレンド体験(イメージ)

茶臼碾き体験(イメージ)

Fotolia_27014812_L1

茶室で抹茶を点て、さらにスイーツを試食(イメージ)

_25U86561

<抹茶に関する様々な謎が分かる>

他にも、茶臼で碾いた抹茶はなぜ美味しいのか。茶臼の仕組みとともにその理由が納得できるコーナー、脈々と受け継がれる目立て(茶臼を作る職人)の技の体験など、魅力的なコンテンツが盛りだくさん。

1_DSC0410

茶臼の秘密、茶臼職人の技体験コーナー

もちろん、老舗こだわりの抹茶製品も多数取り扱っているので、ショッピングも存分に楽しめます。

0261

販売店舗(1F)(抹茶、茶道具、オリジナル抹茶スイーツ等)

<見学はすべて無料! 要予約>

見学は無料。但し、事前予約制。事前予約はあいやHP、または見学専用ダイヤル0563-77-6572から
1-6名様コース、7-20名様コースは1か月前~前日(15:00)まで、
21-40名様コースは見学日の3か月前~1ヶ月前(15:00)まで受付。

あいや西尾の抹茶ミュージアム「和く和く」

電話番号:0563-77-6572(見学専用ダイヤル)予約受付時間 9:30~17:00
住所:愛知県西尾市上町横町屋敷15番地
営業時間:9:30~18:30(あいや本店)
定休日:無休(年始を除く)(あいや本店)
アクセス:名鉄西尾線西尾駅より車で10分
駐車場:55台