恋の願いをかける初詣♡ 知多のパワースポット「恋の水神社」

恋する女性の神様への願い事。愛知県知多半島の小さな神社が、桜姫の伝説により「恋の願いが叶う」縁結びの神社として女性やカップルに人気です。

恋の願いを叶えませんか

N恋の水神社_外観

田園地帯の中にある小さな神社です

神社境内から湧き出る「恋の水」を紙コップに注いで参拝すると、願いが叶うといわれている『恋の水神社』。家臣と恋に落ちた、ある美しい姫にまつわる愛の伝説が語り継がれています。

N恋の水神社_桜姫の石碑

桜姫の石碑

平安時代の「桜姫の悲恋物語」。恋人の病を治すため、万病に効く水を求めて京都からはるばるこの地に来た桜姫。しかし水に辿り着かないまま亡くなってしまったといわれています。石碑の前には、奉納された紙コップがずらりと並んでいます。

N恋の水神社_イメージ_絵馬

恋愛成就のパワースポットととして県外からも多くの参拝が

もともとは万病に効くとして人々の信仰を集めていた「恋の水」ですが、縁むすびの神様として有名になりました。


参拝方法

N恋の水神社_参拝_カップ記入

1.紙コップに願い事を書く

社務所で参拝用の紙コップ(200円)を購入し、願い事と名前を書きます。

N恋の水神社_参拝_水入れる

2.恋の水を紙コップに注ぐ

願い事・名前を記入した紙コップに、拝殿前の井戸に溜まった「恋の水」をひしゃくですくって、コップの半分ほど注ぎます。

N恋の水神社_参拝_お参り

3.拝殿に紙コップを供える

水を注いだ紙コップを拝殿に供えたら、鈴を鳴らし、お賽銭を奉納して願い事を念じればお参り完了です。左隣に祀られている桜姫にも、ご挨拶をしましょう。


お守り

N408_縁むすび神社_お守り_2355

縁むすび守 (600円)

効き目がスゴイとのうわさがあるお守り。開封式のお守りの中には、相合傘が描かれたお札が入っています。左側に自分の名前、右側に相手の名前を記入します。傘が左に傾いているのは、相手の気持ちが自分に傾くようにとの意味だとか。

N_恋の水神社_お守り_サブカット_2359

相合傘のお札に相手の気持ちが“傾く”願いを込めて

良いことや、願い事を自分の元で受け止められるようにと、お札の傘の左上があけてあります。願い事がかなったときには傘をしっかりと閉じて、逃がさないようにしましょう。

のどかな田園地帯が広がる知多半島の美浜町は名古屋市内から車で約40分。幸せな恋愛を願って参拝に出掛けませんか。

恋の水神社

電話番号:0569-87-3133
住所:愛知県知多郡美浜町奥田中白沢92-91
営業時間:拝観は終日、社務所・売店は10:00~16:00
定休日:拝観自由
アクセス:名鉄知多新線「知多奥田」駅より徒歩20分、南知多道路美浜ICより車で5分
駐車場:6台