「サツキとメイの家」は必見!花と緑と癒やしのモリコロパーク

『モリコロパーク』の愛称で親しまれる『愛・地球博記念公園』。2005年に開催された「愛・地球博」の長久手会場跡地にある、自然いっぱいの公園です。2022年度中の「ジブリパーク」開業を目指すなど目が離せません。

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG

自然豊かなモリコロパーク

花と緑と水に囲まれた自然豊かな空間には、大観覧車や「となりのトトロ」の世界を再現した「サツキとメイの家」など遊び場がいっぱい。愛知県最大級の大きさで、1日ではまわりきれないほど。花と緑に親しむ様々な展示やイベントを楽しむことができます。

T外観_(3)さつきとめい

サツキとメイの家  © Studio Ghibli 大人(510円)、4歳以上中学生以下(250円)

昭和30年代の懐かしい光景が細部まで忠実に再現された、映画「となりのトトロ」に登場する「サツキとメイの家」。家の中の物には実際に触ることもできるので、リアルな映画の世界を体感することができます。また、スタジオジブリ作品の世界観を体験できる「ジブリパーク」は2022年度中の開業を目指しているそうです。待ち遠しいですね!
※ローソン・ミニストップ店頭のLoppiで事前購入がオススメです。
※「サツキとメイの家」では、家屋内での写真撮影及びビデオ撮影は出来ません。

T モリコロ観覧車

モリコロパークが一望できる大観覧車(1回600円 3歳以上)

東海地方最大級88mの高さを誇る大観覧車は、クーラーが付いているので夏でも快適です。ペットと一緒に乗れ、車椅子での乗車もできます。(ペットは抱っこができるサイズまでがOK)

Nモリコロ_メインカエ

地球市民交流センター

地球市民交流センター」には体験学習室・多目的室・多目的スタジオがあり、会議やセミナー、ダンス練習などで利用できます。奥に見えるのは愛・地球博の開催中に「動くパビリオン」として人気だった「リニモ」。日本で唯一の磁気浮上式リニアモーターカーです。

N394_モリコロ1

花の広場

モリコロパークには、思わず笑顔になれるフォトスポットも充実しています。西駐車場近くの「花の広場」にあるモリゾーとキッコロのモザイクパネル前は人気のスポットです。公園内には愛・地球博でマスコットとして活躍したモリゾー・キッコロに会うことができるスポットがいっぱです。

第2回モリコロパークインスタグラムフォトコンテストでは、入賞するとプレゼントが。2019年5/31(金)まで開催中ですよ。

N394_モリコロ7

自然を感じられる日本庭園

水と緑と力強い石組が調和した日本庭園。渦巻き水路や霧に浮かぶ巨大な岩が見どころです。水辺には本格的な茶室の「香流亭」もあり、お抹茶とお菓子もいただけます。

豊かな自然に囲まれた公園は、いろいろな植物や生き物を見つけたり観察できたり、発見の宝庫!! 季節ならではの景観と出会えるのも魅力です。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

電話番号:0561-64-1130(愛・地球博記念公園管理事務所)
住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
開園時間:8:00~19:00(11月~3月は~18:30、施設休館日は8:00~17:30)
施設休館日:屋内施設・有料施設は月曜(祝日の場合は営業、翌平日休業)
※春・夏・冬休み期間中は営業、12/29~1/1休業
駐車場:約1800台(普通車¥500/1回)
アクセス:東部丘陵線(リニモ)「愛・地球博記念公園」駅下車すぐ または名鉄バス「愛・地球博記念公園」駅下車すぐ、名古屋瀬戸道路「長久手」ICより車で5分