名古屋から日帰り絶景旅!
滝と温泉が楽しめる「奥三河のナイアガラ」

フォトジェニックな滝が見られる、名古屋から日帰りで行ける絶景スポットをご紹介。
蔦の渕(つたのふち)」は別名「奥三河のナイアガラ」とも呼ばれていて、マイナスイオンたっぷりです。心もカラダもくつろぐことができる温泉も見逃せません。

N413_蔦の渕メイン

雄大な姿はまさに「奥三河のナイアガラ」

大千瀬川にかかる「蔦の渕」は、幅約70メートル、落差約10メートルの大きな滝です。その壮観さからいつしか「奥三河のナイアガラ」と呼ばれるようになりました。歩道から階段で渕の近くまで降りて間近で見ることが出来ます。竜神伝説もあり竜宮城へ繋がっているとの言い伝えがあります。

N413_蔦の渕サブ2

展望台からの「蔦の渕」

蔦の渕」のすぐ近くには、肌をケアする優しい泉質の「とうえい温泉花まつりの湯」があります。こちらの裏手の遊歩道を歩いた先に展望台があり、そこからの眺めも絶景です。

周りを山に囲まれた東栄町は、まちの明かりも少ないため星空がキレイなことでも有名です。満天の星と滝のコラボレーションも必見!
四季によって様々な楽しみ方ができる、豊かな自然に囲まれた奥三河の「蔦の渕」。名古屋から気軽に日帰りで絶景と温泉が楽しめるスポットです。

蔦の渕

電話番号:0536-76-0502(東栄町役場振興課)
住所:愛知県北設楽郡東栄町下田花田21
アクセス:新東名高速道路新城ICより車で約40分、JR飯田線「東栄駅」下車→町営バス東栄線「とうえい温泉前」から徒歩1分
駐車場:あり